Barco ClickShare CSM-1 ユーザーマニュアル

タイプ
ユーザーマニュアル

このマニュアルも適しています

ClickShare
安全マニュアル
R5900015JA/01
18/10/2013
1.
1.
この章について
この章を注意してお読みください。ClickShare を使用中の事故を防止するための重要な情報が記載されています。また、
ClickShare 製品の損傷を防ぐための注意事項についても記載されています。ClickShare を使用する前に、すべての安全のため
のガイドライン、指示および警告を理解して、その内容に従ってください。
カバーされる ClickShare 製品
地域バージョン
含有 含まれるアクセサリ
R9861008xx
1
R9861008
2x R9861006D01
AC クリップ タイプ A、C、G、I
DC アダプタ
ユーザー ドキュメント付きの USB
スティック
印刷された安全マニュアル
壁取り付け金具
お客様の環境における地域によって異なる適切な必要物については、お近くの販売代理店にお問い合わせください。
本ガイドについて
パーツ番号 説明
レベル
R5900015
安全ガイド
ClickShare製品を操作するすべての作業
常に www.barco.com/clickshare の最新バージョンのマニュアルをチェックしてください。ClickShare 製品ページ
をクリックして、ダウンロード タブに移動します。
入手可能なClickShareマニュアルのリスト
ClickShare マニュアルの構成は以下の通りです。
ガイド
製品番号
ユーザー手引書
R5900013
設置ガイド
R5900014
安全ガイド(本マニュアル)
R5900015
サービス ガイ
R5900016(スタ サービス ナーだけが入手可能)
ボタン イド
R5900007
リサイクル マニュアル
R5900009
安全ガイドとクイック スター イドの印刷物は、ご購入時のClickShare箱に同梱されています。他のマニュア
ルについてはオンラインで確認してください。
1.1 全般的な安全性
安全上の警告
ClickShare (R5900014)
1. xx=EU, CN, NA, WW
R5900015JA CLICKSHARE 18/10/2013 1
1.
ClickShare 装置に付属の DC 電源コードのみを使用してください。
けがや身体への影響を防ぐため、電源コンセントに接続する前に、このマニュアルとシステム上のすべてのマニュアル
を読むようにしてください。
ClickShare 製品は、事務所や屋内環境限定で使用することを想定しています。
本装置に付属の電源コードのみを使用してください。他の電源コードは、外観上類似している場合でも、工場における安
全性テストが実施されていないため、本装置への電源供給には使用できません。交換用の電源コードについては、販売
元にお問い合わせください。
本製品は AC 電源で作動させてください。 電源入力は 50 60 Hz 100V 240V で自動調整されます。
電源コードの上には何ものせないでください。本製品のコードを人に踏まれないように配置してください。コードを取り
外す場合は、プラグの部分を持って引き抜いてください。コード自体を持って引き抜くことは避けてください。
本製品に延長コードを使用する場合は、延長コードに接続中、本製品の総電流量が延長コードの電流量を超えないことを
確認してください。
本製品にいかなる液体も絶対にこぼさないでください。液体をこぼしたり、硬い物体をキャビネットに落とした場合に
は、プラグを外して、当社認定のサービス担当員が点検してから操作を再開してください。
- 雷が発生している場合、または長期間留守にするなどで使用しない場合、本製品を保護するために、コンセントから
プラグを抜いてください。これにより、雷と AC 電源ライン サージによる損傷を防ぐことができます。
メーカー指定の接続部品/アクセサリのみを使用してください。
警告: の製品マニュアルに記載されているすべての安全ガイド、安全上の注意、警告および注意事項を十分に
理解し、それらの内容に従ってください。
警告: 壁のコンセントに接続されている主電源の電源コードは、すべての設置モードで常に簡単に利用可能に
する必要があります。
環境
本装置を不安定なカート、スタンドまたはテーブルの上に置かないでください。装置が落下し、重大な破損の原因となる場
合があります。
1.2 サービス
感電などの危険
開かないでください。感電などの危険を避けるため、カバーを取り外さないでください。内部にはユーザーによる修理
点検が
可能な部品は存在しません。修理点検はすべて、当社認定のサービス担当員に依頼してください。
次のような場合には、本製品の電源プラグをコンセントから抜き、当社認定のサービス担当者に修理点検を依頼してください。
電源コードやプラグが破損したり擦り切れている場合。
本装置に液体をこぼした場合。
本製品が雨や水に濡れた場合。
本製品を指示にしたがって操作しても正しく動作しない場合。操作についての説明がないコントロールは、調節しないで
ください。誤った調節をすると破損する恐れがあり、当社認定の技術員による大規模な修理や再調整が必要となることが
あります。
本製品を落としたり、キャビネットが破損した場合
本製品のパフォーマンスに大きな変化があり、修理点検が必要であると表示された場合。
部品交換:部品交換が必要な場合、保守技術者がオリジナルの BARCO 部品、またはそれと同等の性質を持つ当社認定の
部品を使用しているか確認してください。認定外の部品を使用すると、パフォーマンスや信頼性が低下し、また火災や感
電などの危険が生じる場合があります。認定外の部品を使用した場合、保証が無効となることがあります。
安全確認:本装置の修理点検が終了したら、本装置が正常に動作するかどうか、サービス担当者に安全確認を依頼してく
ださい。
1.3 過熱および火災
過熱および火災
火災の危険性に関する警告:本装置の近くに可燃性物質を置かないでください。
Barco 製品は、最も厳格な規制に適合するように設計および製造されています。
通常動作時に、本装置は本体外面と通気ダクトから排熱します。これらはいずれも通常の状態であり、安全です。本装置の
ぐ近くに可燃性物質が置かれていると、その物質が自然発火して火災を引き起こす可能性があります。このため、装置のす
2
R5900015JA CLICKSHARE 18/10/2013
1.
ての外面の周囲には必ず「立ち入り禁止区域」を設け、この区域内にはいかなる可燃性物質も置かないようにしてください
すべての Barco 装置について、この立ち入り禁止区域は 40 cm (16 インチ) 以上とする必要があります。動作しているときに
は、デバイスにいかなる素材の覆いもかぶせないようにしてください。
本装置は、換気の良い場所に、発火物や直射日光を避けて設置してください。
火災が発生したら、砂、二酸化炭素、またはパウダーの消火器を使用してください。漏電による火事には水を使用してはい
けません。
1.4 環境条件の確認
環境条件の確認
装置の周りに大量のホコリがあるような環境で装置を設置する場合には、装置に清潔な空気が届く前にホコリを取り除くこ
を強くお勧めします。装置から大量のホコリを避けるまたはブロックする装置または構造が必要です。不可能な場合は、装
を清潔な空気のある環境に再設置することを考慮してください。
装置を害のある環境または汚染された空気から保護するのは、機器の所有者の責任です。製造元は、装置が不注意な方法、
誤った方法、マニュアルに従わない使用方法で使用された場合は、修理を拒否する権利を保有しています。
環境温度条
:+40℃ 40.00℃
最低動作温度:0°C または 0.00°C
:-10℃ +60℃ (-10.00℃ 140°F)
湿度条件
保管時:0 90% 対湿度 (結露しないこと)
動作時:0 85% 対湿度 (結露しないこと)
環境
ラジエーターや温風ダクトなど発熱源に近い場所や、直射日光、過剰なホコリや湿度の影響を受ける場所に装置を設置しな
でください。部屋の熱気は天井に向かって上がることに注意してください。設置場所近くの温度がこの範囲を超えていない
ことを確認します。
1.5 アダプタ タイプ
タイプのリファレンスについては、http://www.iec.ch/worldplugs 参照してください
タイプ A 電源入力 AC クリップ
画像 1-1
タイプ C 電源入力 AC クリップ
画像 1-2
R5900015JA CLICKSHARE 18/10/2013 3
1.
タイプ G 電源入力 AC クリップ
画像 1-3
タイプ I 電源入力 AC クリップ (2 ピン)
画像 1-4
1.6 FCC の準拠
アメリカ連邦通信委員会(FCC)の干渉に関する宣言
製品の準拠を管轄する当事者による明示的な承認を受けずに変更または修正を行った場合、ユーザーはこの装置を操作する
利を失う場合があることを警告されます。
この装置は、FCC 規則の第 15 章に準じてテストが行われ、デジタル デバイスのクラス A の制限に準拠することが確認されて
います。これらの制限は、機器が商用の環境で使用される場合、有害な干渉に対する適切な保護を提供するのが目的です。
の機器は無線エネルギーを生成、利用し、発散することがあるため、操作マニュアルにしたがって取り付け、使用が行われ
い場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす場合があります。 機器を住宅地で使用すると、有害な干渉を引き起こすおそれが
あり、この場合ユーザーは、干渉を補正する責任を自身で有することになります。
装置の電源をオフ/オンにしてこの機器によってラジオの受信に有害な干渉が生じていると判断された場合、次のいずれかの
方法で干渉を修正することを推奨します。
受信アンテナの方向または設置場所を変える。
機器と受信機の間隔を広げる。
受信機が接続されている回路と異なる回路のコンセントに機器を接続する。
販売店または経験豊富なラジオ/テレビ技術者に問い合わせる。
この装置は、FCC 規則の第 15 章に準拠しています。操作は次の 2 の条件に基づきます
1. この装置は有害な干渉の原因となってはならない。
2. この装置は望ましくない動作の原因となる干渉を含み、受信する干渉を許容しなければならない。
FCC RF 802.11a 5.15 - 5.25 GHz 802.11a
置を動作する場合、米国における Mobile Satellite Services (MSS) に対して有害な干渉とならないように室内での運用に制限
802.11a (5 .15 - 5.25 GHz バンド) で装置を運用できる WIFI Access Point は、室内での使用に限定して最適化
されています。 WIFI ネットワークがこのモードで機能可能である場合、Mobile Satellite Service を保護する連邦規則に違反し
ないように WIFI の使用は室内に限定してください。
FCC ID: RYK-WUBR507N
Button FCC ID: XF6-RS9110N1103
1.7 国際安全規格
規格の概要
本装置は、業務用電子機器を含む情報技術装置の安全規格であるIEC60950-1EN60950-1UL60950-1、および CAN/CSA
C22.2 No.60950-1
ザード、および帯電部への接触などの危険からユーザーやオペレータ
ーを保護するために、安全に対して十分な注意が必要な
コンポーネント、物質、および絶縁体の使用について、重要な要件を課しています。安全規格では、内部および外部の温度
上限、放射レベル、機械的安定度および強度、筐体の構造、および火災のリスクに対する保護についても規定しています。
一故障状態をシミュレートしたテストにより、装置の通常動作
に障害が発生した場合でもユーザーに対して装置が安全であ
ことが確認されています
4
R5900015JA CLICKSHARE 18/10/2013
1.
1.8 IC
カナダ産業省 (IC) 通知
この装置はカナダ産業省のライセンス免除 RSS 規格に準拠しています。操作は次の 2 つの条件に基づきます: (1) この装置は
干渉の原因となってはならない。(2) この装置は望ましくない動作の原因となる干渉を含み、受信する干渉を許容しなければ
ならない。
Radio Frequency (RF) 放射情報
Barco ワイヤレス装置の放射出力電源は、カナダ産業省(IC)ラジオ周波数放射制限以下です。 Barco ワイヤレス装置は、通
常の操作中に人が接触する可能性を最小限にする方法で使用する必要があります。
IC ID: 6158A-WUBR507N
Button IC ID:8,407A-RS9110N1103
IC アンテナについての声明文
カナダ産業省の規則の下、このラジオ送信機は、カナダ産業省によって送信者に対して承認されているタイプおよび最大(
たは少ない)利得のアンテナを使用した場合に限って操作できます。 他人へのラジオ干渉の可能性を少なくするため、アンテ
ナのタイプとその利得が、等価等方放射電力(e.i.r.p.)が問題のない通信の必要値を超えないように選択する必要があります。
このラジオ送信機 6158A-WUBR507N 、最大許容利得および示された各アンテナ タイプで求められるアンテナ インピーダン
スで、以下にリストしたアンテナ タイプで操作することがカナダ産業省によって承認されています。 アンテナ タイプはこのリ
ストには含まれず、そのタイプに示された最大利得を超える利得を持つことは、この装置の使用では厳格に禁止されています。
タイプ: ダイポール
最大ピーク利得: 2 dBi
インピーダンス: 50 Ohm
R5900015JA CLICKSHARE 18/10/2013
5
1 / 1

Barco ClickShare CSM-1 ユーザーマニュアル

タイプ
ユーザーマニュアル
このマニュアルも適しています