Electro-Voice EKX 取扱説明書

ブランド
Electro-Voice
モデル
EKX
タイプ
取扱説明書
EKX パッシブスピーカー
EKX-12, EKX-15, EKX-15S, and EKX-18S
ja | User Manual
目次
1
安全について 4
1.1 安全に関する重要事項 4
1.2 吊り下げ 4
1.3 ご注意 5
1.4 注意事項 5
2
説明 6
2.1 システムの特長 6
3
システムの概要 8
3.1 寸法 8
3.2 周波数特性 9
4
スタンドとフロア・モニタ 11
4.1 スタンドまたはポール・マウント 11
4.2 フロア・モニター 13
5
吊り下げ 14
6
推奨構成 18
6.1 フルレンジシステムを使用した基本的なステレオシステム 18
6.2 ステージモニターとしてのフルレンジシステムの使用 19
6.3 サブウーファーとのフルレンジシステムのスタック 20
7
トラブルシューティング 21
8
技術仕様 22
ja 3
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
安全について
安全に関する重要事項
1. 次の重要事項を確認してください。
2. 次の重要事項を遵守してください。
3. すべての警告に留意してください。
4. すべての重要事項を遵守してください。
5. 本装置は乾いた布以外で清掃しないでください。
6. 本装置は、ヒーターやオーブン、またはその他(アンプなど)の熱源の近くに設置しないでくだ
さい。
吊り下げ
!
警告!
物を吊り下げるということは危険を伴うことなので、その作業は、必ず、頭上取り付け装具の技術と
規則について詳細な知識を持つ人が行う必要があります。Electro-Voice では、スピーカーを吊り下げ
る場合、すべての最新の法律や規制を考慮することを強く推奨します。スピーカーを安全に吊り下げ
る事は設置者の責任です。Electro-Voice では、スピーカーを吊り下げる場合、最低年 1 回のシステ
ム点検を推奨しています。弱い部分または破損の兆候が見つかった場合は、直ちに改善措置を講じて
ください。壁または天井がスピーカーの荷重に耐えるかどうかの確認は、お客様の責任です。Electro-
Voice 社製以外のスピーカーを吊り下げるときに使用する金具は、その製造会社に支給の責任があり
ます。
!
警告!
このマニュアルまたは Electro-Voice 設置ガイドに明確に説明されている以外の方法でこの製品を吊
り下げないでください。(スピーカーの)天井への取り付け工事は危険な場合があるため、頭上に機器
を設置する技術、部品、規制に関する十分な知識を持つ担当者だけが実施するようにしてください。
Electro-Voice スピーカーは、Electro-Voice マニュアルおよび設置ガイドに記載されているアクセサ
リおよびハードウェアを使用してのみ吊り下げることができます。ハンドルを使ってスピーカーを吊
り下げないでください。Electro-Voice スピーカーのハンドルは、一時的な搬送でのみ使用するよう意
図されています。ファイバロープ、ワイヤロープ、ケーブル、その他のものをハンドルに取り付けて
ラウドスピーカーを吊り下げることはできません。Electro-Voice 社製以外のスピーカーを吊り下げ
るときに使用する金具は、その製造会社に支給の責任があります。
1
1.1
1.2
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
ご注意
!
Electro-Voice ラウドスピーカーは、0°C 以下または 40°C を超える環境で使用しな
いでください。
!
EKX パッシブ・スピーカーシステムを雨水、高湿度にさらさないでください。
!
エレクトロボイスの EKX パッシブ・スピーカー・システムは、カバーエリアの範囲内
にいる人が永続的な難聴になるほどの音圧レベルを簡単に生成できます。長期間 90
dB を超える音圧レベルにさらされないように注意してください。
注意事項
古い電気・電子機器
すでに修理対応が終了した電気電子装置は分別して収集し、環境適合のリサイクルに出すことが義務
付けられています(電気・電子機器廃棄物に関する欧州指令に準拠)
古い電気・電子装置の廃棄には、各国が導入する回収システムを利用してください。
1.3
1.4
ja 5
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
説明
Electro-Voice パッシブラウドスピーカーシステムをご購入いただき、ありがとうございます。本書を
お読みになり、EV スピーカーの機能を理解し、その性能をご活用ください。
EKX パッシブスピーカーは Electro-Voice ポータブルスピーカーファミリーの中でも最も新しく、
れまでに培ってきた EV の音質と信頼性を最新の技術と組み合わせてミュージシャンや DJ、ライブや
クラブ、固定設備など幅広いニーズにお応えします。EKX シリーズは 8 種類のモデル(パワード 4
類、パッシブ 4 種類)で構成され、 12-インチ および 15-インチ の 2 ウェイモデルと、15-インチ お
よび 18-inch のサブウーファーが含まれています。
EV エンジニア対象部品、シグナルシンクロナイズドトランスデューサー(SST)ウェーブガイドデザ
インにより、高 SPL で正確なカバーエリアと優れた音質を提供します。の工業デザイン(頑丈な木製
のエンクロージャと耐久性のある 仕上げ)により、EKX スピーカーは音質だけでなく外観も優れてい
ます。
パッシブタイプの EKX モデルは EV がデザインおよび設計した高感度トランスデューサー(12-イン
EVS-12M ウーハー / 15-インチ EVS-15M ウーハーを DH-1M 1-inch チタンコンプレッションドラ
イバー と組み合わせたもの。15-インチ EVS-15C サブウーハー / 18-inch EVS-18C サブウーハー)
利用して最大 134 dB SPL を提供します。
EKX パッシブモデルは、内部ブレーシング、耐久性のある コート 仕上げ、8 つの (8) M10 ねじ穴付
き取り付けポイント(フルレンジのみ)、アルミ製ポールマウント、および全体が金属製のハンドルを
使用する軽量でコンパクトな 15 mm 木製エンクロージャを持ち、移動式および据え付け型の用途に適
しています。
システムの特長
EKX-12 12 インチの 2 ウェイパッシスピーカーシステム
EV によってデザインおよび設計された高感度トランスデューサ―を利用し、1400 W(ピーク)
131 dB SPL を提供。
EV が特許を取得したシグナルシンクロナイズドトランスデューサーSSTウェーブガイドデザ
インにより、正確かつ安定したカバーエリアを提供します。
内部ブレーシングおよび耐久性のある 仕上げの軽量でコンパクトな 15 mm 木製エンクロージ
ャ。
8 つの (8) M10 ねじ穴付き取り付けポイント、アルミ製ポールマウント、および全体が金属製の
ハンドル。
中規模のステージに最適な 90˚ x 60˚ パターンカバレッジ、 40˚ のモニター角度、ゴム足付き。
EKX-15 15 インチの 2 ウェイパッシブスピーカーシステム
EV によってデザインおよび設計された高感度トランスデューサ―を利用し、1600 W(ピーク)
132 dB SPL を提供。
EV が特許を取得したシグナルシンクロナイズドトランスデューサーSSTウェーブガイドデザ
インにより、正確かつ安定したカバーエリアを提供します。
内部ブレーシングおよび耐久性のある 仕上げの軽量でコンパクトな 15 mm 木製エンクロージ
ャ。
8 つの (8) M10 ねじ穴付き取り付けポイント、アルミ製ポールマウント、および全体が金属製の
ハンドル。
中規模のステージに最適な 90˚ x 60˚ パターンカバレッジ、 40˚ のモニター角度、ゴム足付き。
2
2.1
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
EKX-15S 15 インチのパッシブサブウーファースピーカーシステム
EV によってデザインおよび設計された高感度トランスデューサ―を利用し、1600 W(ピーク)
133 dB SPL を提供。
内部ブレーシングおよび耐久性のある 仕上げの軽量でコンパクトな 15 mm 木製エンクロージ
ャ。
歪みを低減して低音をクリアに強化する、ラージスロットポート。
金属製のグリル強化バー。
M20 ねじ穴付きポールマウントプレート。
EKX-18S 18 インチのパッシブサブウーファースピーカーシステム
EV によってデザインおよび設計された高感度トランスデューサ―を利用し、1600 W(ピーク)
134 dB SPL を提供。
内部ブレーシングおよび耐久性のある 仕上げの軽量でコンパクトな 15 mm 木製エンクロージ
ャ。
歪みを低減して低音をクリアに強化する、ラージスロットポート。
金属製のグリル強化バー 2 本。
M20 ねじ穴付きポールマウントプレート。
ja 7
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
システムの概要
寸法
3.1: EKX-12 の寸法
3.2: EKX-15 の寸法
3.3: EKX-15S の寸法
3.4: EKX-18S の寸法
3
3.1
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
周波数特性
3.5: EKX-12 の周波数特性
3.6: EKX-15 の周波数特性
3.2
ja 9
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
3.7: EKX-15S の周波数特性
3.8: EKX-18S の周波数特性
EKX
パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
スタンドとフロア・モニタ
スタンドまたはポール・マウント
EKX-12 および EKX-15 スピーカーは、スタンドまたはサブウーファーの上にあるポールに取り付けま
す。
スタンドへの取り付け
4.1: スタンドに取り付けたフルレンジ・モデル
!
注意!
本スピーカーについて、三脚の安全性は評価されていません。三脚スタンドの仕様を参照し、本スピ
ーカーの重量に耐えられることを確認してください。
!
注意!
スピーカーが重い場合は、2 人で持ち上げや配置を行うことが推奨されます。スピーカーが重い場合
に、1 人で持ち上げや配置を行うと怪我をする恐れがあります。
スピーカーをスタンドに取り付けるには、次の手順を行ってください。
1. スタンドを安定した面に置きます。
スタンドの脚を完全に伸ばします。
スタンドを「さらに高く」するなど、その構造上の完全性を損なわないようにしてください。
1台のスピーカー用スタンドに複数のスピーカーを取り付けないでください。
2. スピーカーを両手で持ち上げます。
3. スピーカーの底部にあるポールカップをポールに取り付けます。
4
4.1
ja 11
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
スピーカーをポールに取り付ける
4.2: ポール・マウントを使用したフルレンジ/サブ・スタック
!
注意!
スピーカーが重い場合は、2 人で持ち上げや配置を行うことが推奨されます。スピーカーが重い場合
に、1 人で持ち上げや配置を行うと怪我をする恐れがあります。
スピーカーをポールに取り付けるには、次の手順を行ってください。
1. サブウーファーを安定した面に置きます。
2. M20 ねじ山付きポールをサブウーファー上部のコンボ・ポール・カップに挿入します。
3. M20 ねじ山付きポールを時計回りに回し、ポールをサブウーファーに固定します。
4. スピーカーを両手で持ち上げます。
5. スピーカーの底部にあるポールカップをポールに取り付けます。
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
フロア・モニター
EKX-12 および EKX-15 スピーカーは、モニター角度で配置することによってフロアモニターとして使
用できます。
スピーカーをフロアモニターとして使用するには、次の手順を行ってください。
1. スタンドを安定した面に置きます。
2. 出演者、製作スタッフ、聴衆らがケーブルにつまずかないよう、ケーブルを安全に配線します。
注意!
可能な場合はいつでも、ワイヤータイやテープでケーブルを固定してください。
4.2
ja 13
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
吊り下げ
EKX-12 および EKX-15 の筐体には M10 ねじ山付きポイントが 8 (上部に 6 つ、底部に 2 つ)あり
ます。個々のラウドスピーカーを吊り下げるには、頭上吊り下げ用として評価されている鍛造済みショ
ルダーアイボルト(EBK-M10 アクセサリなど)を使用できます。
!
警告!
物を吊り下げるということは危険を伴うことなので、その作業は、必ず、頭上取り付け装具の技術と
規則について詳細な知識を持つ人が行う必要があります。Electro-Voice では、スピーカーを吊り下げ
る場合、すべての最新の法律や規制を考慮することを強く推奨します。スピーカーを安全に吊り下げ
る事は設置者の責任です。Electro-Voice では、スピーカーを吊り下げる場合、最低年 1 回のシステ
ム点検を推奨しています。弱い部分または破損の兆候が見つかった場合は、直ちに改善措置を講じて
ください。壁または天井がスピーカーの荷重に耐えるかどうかの確認は、お客様の責任です。Electro-
Voice 社製以外のスピーカーを吊り下げるときに使用する金具は、その製造会社に支給の責任があり
ます。
5.1: 吊り下げポイント
使用前に、吊り下げポイントとその金具に、吊り下げポイントの強度を低下させるような亀裂、変形、
溶接割れ、コンポーネントの抜けまたは損傷がないか点検してください。 損傷している金具は交換し
てください。 吊り下げポイントの限度または最大推奨荷重を超えないようにしてください。 追加の
安全対策として、建物の構造支柱にもう一つ吊り下げポイントを設置することをお勧めします。 この
安全強化のため追加した安全ポイントは緩みをできるだけ少なくしてください( 1 インチ未満が望ま
しい) 使用前に毎回、スピーカーの筐体に筐体の強度を低下させる割れ目、変形、コンポーネントの
抜けや損傷がないか点検してください。 損傷していたり金具が抜けているスピーカー・システムは交
換してください。
アイボルトの取り付け
アイボルトを取り付けるには、次の手順に従います。
1. 吊り下げポイントから M10 ねじを取りはずします。
5
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
2. M10 ねじの代わりにフェンダー・ワッシャとアイボルトを取り付けます。
注意!
アイボルトが取り外されている場合は、ネジを再度取り付けてください。
ネジが再取り付けされていない場合、筐体の空気漏れが発生し、パフォーマンスの低下につながりま
す。
!
警告!
アイボルトは完全に固定され、引っ張る面に向いている必要があります。筐体にかかる負荷を分散さ
せるため、必ずアイボルトの下に直径が 1.5 インチ以上で厚さが 1/16 インチ以上のフェンダーウォ
ッシャーを使用してください。
ja 15
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
5.2: ワッシャありとなしのアイボルト取り付け
5.3: 引っ張る面に向けたアイボルト
5.4: 最大使用荷重-垂直の向き
!
警告!
エレクトロボイス・スピーカーの限度または最大推奨使用荷重を超えてはいけません。
この警告に従わないと大怪我をしたり、場合によっては死亡事故が起きることがあります。
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
5.5: スピーカーの垂直吊り下げ
ja 17
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
推奨構成
フルレンジシステムを使用した基本的なステレオシステム
EKX-12 または EKX-15 を使用した基本的なステレオシステム(図は EKX-15 バージョン)
NL4 ピン構成
ピン 1+ とピン 1- 使用
ピン 2+ とピン 2- 非使用
!
注意!
アンプの最大負荷定格を超えないようにしてください。
アンプの負荷(出力チャンネルあたり)
スピーカーの数 公称値 最小値
1 8 Ω 7.2 Ω
2 4 Ω 3.6 Ω
3 2.7 Ω 2.4 Ω
4 2 Ω 1.8 Ω
6
6.1
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
ステージモニターとしてのフルレンジシステムの使用
モニター位置での複数の EKX-12 または EKX-15(図は EKX-15 バージョン)
NL4 ピン構成
ピン 1+ とピン 1- 使用
ピン 2+ とピン 2- 非使用
!
注意!
アンプの最大負荷定格を超えないようにしてください。
アンプの負荷(出力チャンネルあたり)
スピーカーの数 公称値 最小値
1 8 Ω 7.2 Ω
2 4 Ω 3.6 Ω
3 2.7 Ω 2.4 Ω
4 2 Ω 1.8 Ω
6.2
ja 19
Electro-Voice User Manual 2016.02 | 04 | F.01U.318.953
サブウーファーとのフルレンジシステムのスタック
この構成により、ユーザーは追加のアンプチャンネルを使用せずに低域周波数性能を向上させることが
できます(図は EKX-15 および EKX-18S バージョン)
NL4 ピン構成
ピン 1+ とピン 1- 使用
ピン 2+ とピン 2- 非使用
!
注意!
アンプの最大負荷定格を超えないようにしてください。
アンプの負荷(出力チャンネルあたり)
サブウーファー/フルレンジの組
み合わせの数
公称値 最小値
1 4 Ω 3.8 Ω
2 2 Ω 1.9 Ω
6.3
EKX パッシブスピーカー
2016.02 | 04 | F.01U.318.953 User Manual Electro-Voice
/