Barco G60-W8 ユーザーガイド

ブランド
Barco
カテゴリー
プロジェクター
モデル
G60-W8
タイプ
ユーザーガイド
ENABLING BRIGHT OUTCOMES
ユーザー ガイド
G60
Registered office: Barco NV
President Kennedypark 35, 8500 Kortrijk, Belgium
www.barco.com/en/support
www.barco.com
Barco NV
Beneluxpark 21, 8500 Kortrijk, Belgium
www.barco.com/en/support
www.barco.com
Copyright ©
All rights reserved.本文書のいかなる部分もコピー、複製、翻訳が禁止されています。Barco から事前の書面
による通知がある場合を除いて、他の方法で、記録、転送、検索システムへの保存も認められていません。
変更点
Barco は、このマニュアルを「現状のまま」で提供し、暗黙的保証または特定の目的に対する商業性および
適合性を含むがそれに限定されない、明的または暗黙に、いかなる保も適用されません。Barco は、
す。
この出版物には、技術的な誤りや誤植が含まれている可能性があります。この出版物への変更は定期的に行
われます。このようは変更は新版に組み込まれます。
Barco ニュは、Barco ウェ www.barco.com Barco ウェ
https://www.barco.com/en/signin からダウンロードできます。
商標
本書に記載されているブランド名と製品名は、各所有者の商標、登録商標、または著作権である場合があり
ます。これらのブランド名および製品名は、いずれも説明上、または例として挙げたものであり、その製
やメーカーを宣伝するものではありません。
商標
Crestronは、米国のCrestron Electronics, Inc.の登録商標です。
Extronは、米国のExtron Electronics, Inc.の登録商標です。
AMXは、米国のAMX LLCの登録商標です。
PJLinkは、JBMIAによって、日本、アメリカ合衆国、およびその他の国で商標およびロゴの登録を申請
しました。
保証と補償
Barco は、て、
す。受領時に、購入者は、輸送中に発生した損傷、ならびに材料および製造上の欠陥に関して直ちに出荷
れたすべての製品を点検しなければなりせん。Barco 対しては、いかなる情も書面で直ちに通知しな
ければなりません。
保証期間は、リスクの転送日に開始しますが、特別なシステムおよびソフトウェアの場合、リスクの転送
30日以内の使用開始日に開始します。正当な不平の通知があった場合、Barco は、適切な期間内に自らの
裁量により故障を修理するか、交換することができます。この措置が不可能である、またはうまくいかない
ことが判明した場合、購入者は、購入価格の値引きまたは契約の解除を要求することができます。他のすべ
ての請求、特に直接的または間接的な損害賠償に関連するもの、および Barco が提供するソフトウェアおよ
び他のサービスは、システムまたは独立したサービスの構成要素であり、これらの操作に起因する損害は、
書面で保証された特性の不在、または Barco の意図または重大な過失またはその一部に損害が起因するこ
が証明されなければ無効とみなされます。
購入者または第三者が Barco から納品された商品の改造または修理を行った場合、または商品が誤って取
扱われた場合、特にシステムが誤って操作された場合、またはリスク転送後に商品が契約で合意されていな
い影響を受ける可能性がある場合、購入者のすべての保証請求は無効になります。保証範囲に含まれていな
いものは、購入者が提供するプログラムや特殊な電子回路に起因するシステム障害、例えばインタフェー
です。通常の損耗や通常のメンテナンスも Barco の保証の対象ではありません。
このマニュアルで規定されている環境条件およびサービス・保守規則は、お客様が遵守しなければなりま
ん。
アメリカ連邦通信委員会(FCC宣言)
この装置は、FCC 規則の第 15 章に準じてテストが行われ、デジタル デバイスのクラス A の制限に準拠する
ことが確認されています。これらの制限は、機器が商業的環境で使用される際の妨害からの適切な保護を目
た。ギー成、し、め、
ニュアルにしたがって取り付け、使用が行われない場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす場合があり
す。機器を住宅地で使用すると、有害な干渉を引き起こすおそれがあり、この場合ユーザーは、干渉を補正
する責任を自身で有することになります。
コンプライアンスに責任を持つ者によって明示的に承認されていない変更または修正を行うと、装置を操作
するユーザーの権限が無効になる可能性があります
FCC 担当者:
Barco Inc.
3059 Premiere Parkway Suite 400
30097 Duluth GA, United States
電話: +1 678 475 8000
特許保護
www.barco.com/about-barco/legal/patents を参照してください
EMC に関する通知
EN55032/CISPR32 クラス A MME (マルチメディア装置)
警告: 本装は、CISPR 32 ラス A います。境にて、は、無
る恐れがあります。
GB/T 9254 クラスs A ITE (情報技術装置)
警告: れは、ラス A の製品です。国内境では、本製品は無干渉をき起こす合があり、ユーザー
は適切な手段を講じる必要があります。
BSMI 台湾クラス A ステートメント:
警告使用者: 為甲類資訊技術設備,於居住環境中使 ,可能會造成射頻擾動,在此情況下,使者會被
求採取某些適當的對策。
5R5910888JA /07 G60
1 安全........................................................................................................................................................................................................................7
1.1 全体的な考慮事項..............................................................................................................................................................................8
1.2 安全上の重要な注意......................................................................................................................................................................10
1.3 製品安全ラベル................................................................................................................................................................................14
1.4 リスクグループ 3 の安全 ...........................................................................................................................................................15
1.4.1 全体的な考慮事項.......................................................................................................................................................15
1.4.2 高輝度の注意事項: 危険距離 ................................................................................................................................15
1.4.3 全密閉型投影システムの HD ...............................................................................................................................17
2 製品の概要...................................................................................................................................................................................................19
2.1 メインユニット................................................................................................................................................................................20
2.2 入力/出力 (I/O) パネル ..............................................................................................................................................................21
2.3 コントロール パネル.....................................................................................................................................................................22
2.4 リモコン装置 (RCU) .....................................................................................................................................................................23
3 プロジェクターの電源オン/オフ ...........................................................................................................................................25
3.1 プロジェクターの電源オン.......................................................................................................................................................26
3.2 プロジェクターの電源オフ.......................................................................................................................................................26
4 ユーザーコントロール.....................................................................................................................................................................29
4.1 オン スクリーン ディスプレイ (OSD) メニュー...........................................................................................................30
4.2 ピクチャー メニュー.....................................................................................................................................................................31
4.3 画面メニュー.....................................................................................................................................................................................34
4.4 設定メニュー.....................................................................................................................................................................................38
4.5 光源情報メニュー...........................................................................................................................................................................39
4.6 オプション メニュー.....................................................................................................................................................................40
4.7 3D メニュー.......................................................................................................................................................................................42
4.8 通信メニュー.....................................................................................................................................................................................43
4.9 ネットワーク経由でのプロジェクターの制御...............................................................................................................44
4.10 Webコントロールセンターの使用........................................................................................................................................45
4.11 TelnetによるRS232コマンドの使用....................................................................................................................................47
5 トラブルシューティング...............................................................................................................................................................49
5.1 LED 表示チャート..........................................................................................................................................................................50
5.2 プロジェクターの問題.................................................................................................................................................................51
A 仕様.....................................................................................................................................................................................................................53
目次
R5910888JA /07 G606
A.1 G60-W7 の製品仕様......................................................................................................................................................................54
A.2 G60-W8 の製品仕様......................................................................................................................................................................55
A.3 G60-W10 の製品仕様 ...................................................................................................................................................................56
A.4 互換モード..........................................................................................................................................................................................57
A.5 G60 の外形寸法 ...............................................................................................................................................................................61
A.6 シーリングマウント......................................................................................................................................................................63
B 環境情報.........................................................................................................................................................................................................65
B.1 中国 RoHS 対応...............................................................................................................................................................................66
B.2 台湾 RoHS 対応...............................................................................................................................................................................67
B.3 トルコのRoHSを順守 ..................................................................................................................................................................68
B.4 廃棄に関する情報...........................................................................................................................................................................68
B.5 製造拠点...............................................................................................................................................................................................68
B.6 連絡先情報..........................................................................................................................................................................................69
B.7 製品マニュアルのダウンロード.............................................................................................................................................69
用語集...............................................................................................................................................................................................................71
索引.....................................................................................................................................................................................................................73
7R5910888JA /07 G60
1.1 全体的な考慮事項...........................................................................................................................8
1.2 安全上の重要な注意 .....................................................................................................................10
1.3 製品安全ラベル ............................................................................................................................14
1.4 リスクグループ 3 の安全 ..............................................................................................................15
本書について
本書の内容は注意深お読みください。G60ジェクターを置および使用するとにけがを防止する
めの重要な情報が記載さています。また、G60ロジェクターの損傷を防ぐたの注意事項についても
載されています。G60プロジェクターを設置する前に、この章に記載されいるすべての安全ガイド、安
上の注意、および警告を十分に理解し、それらの内容に従ってください。
このドキュメントで使用される「G60」という用語の明確化
このドキュメントで「G60という用語を使用している場合、その内容が次の Barco 製品に適用されること
を意味しています。
G60-W7, G60-W8, G60-W10
モデル認証名
G60
Barco は、法的に規定された保証条件の一部として、いかなる問題もなく製造されていることを
保証します。この章に記載されている仕様に従って使用していただくことが、プロジェクターが
正常に動作する上で不可欠です。仕様に従わずに使用すると、保証の対象外となることがありま
す。
安全 1
R5910888JA /07 G608
1.1 全体的な考慮事項
全体的な安全上の注意
この機器を使用する前にこのマニュアルをよく読み、また今後参照できるように保管しておいてくださ
い。
設置および初期調整は、当社認定の Barco サービスマンまたは Barco サービス業者に依頼してくださ
い。
プロジェクターに記載されている警告やマニュアルに記載されている注意は、必ず守ってください。
この機器の操作や使用に関する指示には、正確に従ってください。
また、使用する地域の設置規則にも従う必要があります。
IEC 60825-1: 2014 クラス 1 RG2
IEC 62471-5:2015 RG2
子供を監督するための追加指示、凝視しないこと、光学補助具を使用しないこと。
子供の手の届かないところに設置するための追加指示。
子供を監督し、子供がプロジェクターから離れた場所でプロジェクターのビームを見つめないよう注意
してください。
投写レンズの前でプロジェクターを起動するためにリモコンを使用する場合は注意が必要です。
ビーム内で双眼鏡や望遠鏡などの光学器具の使用を避けるようユーザーに通知されます。
「明るい光源と同様に、ビームを見つめないでください、RG2 IEC 62471-5:2015」。
「警告:子供の頭より上に取り付けてください。」この製品では、子供の目の高さより上に置くために
シーリングマウントを使用することをお勧めします。
安全上の注意
本装置は該当する国際安全規格の要件に準拠して製造されています。これらの安全規格では、感電、エネル
ギー ハザード、および帯電部への接触などの危険からユーザーやオペレーターを保護するために、安全に対
ポート、質、使て、
す。安全規格では、内部および外部の温度の上限、放射レベル、機械的安定度および強度、筐体の構造、
す。ミュレー
り、ユーザー
す。
G60-W7 シリーズのレーザー安全に関する注意事項
は、2007 6 24 レーザー No.50 除き、IEC 60825-1:2014 1
レーザー - ルー 2 IEC 60825-1:2007 ラス 3R レーザーて、21 CFR 1040.10
および 1040.11 に準拠しています。
確実に安全操作を行うために、レーザー安全に関する注意事項をすべて読んでからプロジェクターを設置し
て操作してください。
クラス 3R レーザー製品。ビームを意図的に覗いたり凝視したりしないでください。眼の奥の網膜に損傷
を与える可能性があります。
このプロジェクターは、超高輝度レーザーを使用しています。決して、レンズをのぞき込んだり、光
ビームを直視したりしないでください。明るい光により、目に永久的な傷を被る恐れがあります。(IEC
62471-52015 のリスクグループ 2)。
プロジェクターの電源を入れるときは、投光範囲内でだれもレンズを覗き込んでいないことを確認して
ください。
プロジェクターの光路から反射物を取り除いてください。光路が広がると、ガラス面や光沢面がレンズ
から光ビームを反射し、反射ビームが火災や目の損傷などの予期しない事故を引き起こす可能性があり
ます。
ユーザーガイドに記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危険があり
ます。
レーザー放射への露出による損傷が生じる恐れがあるため、プロジェクターを開けたり分解したりしな
いでください。
制御、調整または操作手順に従わなかった場合、レーザー放射への露出による損傷が発生する恐れがあ
ります。
安全
9R5910888JA /07 G60
G60-W8 シリーズのレーザー安全に関する注意事項
は、IEC 60825-1:2014 のク 1 レーザー - ルー 2 り、に、
IEC 62471-5:Ed. 1.0 ルー 2 LIP き、21 CFR 1040.10
1040.11 拠しす。詳細いては、2019 5 8 付のレーザー No.57 を参して
さい。
IEC 60825-1: 2014IEC 62471-5: 2015り、のプジェター 1 レーザー製 -
グループ 2 製品である可能性があります。
確実に安全操作を行うために、レーザー安全に関する注意事項をすべて読んでからプロジェクターを設置し
て操作してください。
このプロジェクターは、超高輝度レーザーを使用しています。決して、レンズをのぞき込んだり、光
ビームを直視したりしないでください。明るい光により、目に永久的な傷を被る恐れがあります。(IEC
62471-52015 のリスクグループ 2)。
ビームに直接さらされることがないようにしてください。
有害な光放射が本製品から放射される可能性。
本プロジェクターは、内蔵クラス 4 レーザーモジュールを搭載しています。レーザーモジュールを決し
て分解したり改造したりしないでください。
ユーザーマニュアルに特に記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危
険があります。
プロジェクターのスイッチがオンになっている場合は、ビームを直視しないでください。プロジェク
ターの電源を入れるときは、投光範囲内でだれもレンズを覗き込んでいないことを確認してください。
レーザー放射への露出による損傷を避けるために、制御、調整または操作手順に従ってください。
組み立て、操作およびメンテナンスの手順には、危険なレーザー放射への露出を避けるための予防措置
に関する明確な警告が含まれています。
G60-W10 シリーズのレーザー安全に関する注意事項
は、2007 6 24 レーザー No.50 除き、IEC 60825-1:2014 1
レーザー - ルー 2RG2 IEC 60825-1:2007 3R レーザーて、21 CFR
1040.10 および 1040.11 に準拠しています。
G LENS2.90-5.501(スロー2.905.50合、ジェターは、IEC
60825-12014IEC 62471-52015従ってクラス1レーザー製品スクループ3RG3にな場合
あり、に、レーザーロジェターLIPの分件(レーザー番号57従って、RG3
LIP21 CFR 1010.4の下で差異の承認を行います。
確実に安全操作を行うために、レーザー安全に関する注意事項をすべて読んでからプロジェクターを設置し
て操作してください。
このプロジェクターは、超高輝度レーザーを使用しています。極端に高い輝度は、回復不能な目の損傷
を引き起こす可能性があるため、直接光ビームを凝視しないでください。(IEC 62471-52015 のリス
クグループ 2)。
ビームに直接さらされることがないようにしてください。(IEC 62471-52015 のリスクグループ 3)。
本製品は家庭用ではありません。
有害な光放射が本製品から放射される可能性。
本プロジェクターは、内蔵クラス 4 レーザーモジュールを搭載しています。レーザーモジュールを決し
て分解したり改造したりしないでください。
ユーザーマニュアルに特に記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危
険があります。
プロジェクターのスイッチがオンになっている場合は、ビームを直視しないでください。プロジェク
ターの電源を入れるときは、投光範囲内でだれもレンズを覗き込んでいないことを確認してください。
レーザー放射への露出による損傷を避けるために、制御、調整または操作手順に従ってください。
組み立て、操作およびメンテナンスの手順には、危険なレーザー放射への露出を避けるための予防措置
に関する明確な警告が含まれています。
G60-W10 シリーズの光輝度ハザード距離
このプロジェターは、G 2.90 - 5.501(投 2.905.50合、
1 レーザー製品 - リスクグループ 3RG3)になることがあります。ハザード距離HD)内で高輝度の光
ビームに曝されると、回復不能な目の損傷を受ける可能性があります。
安全
R5910888JA /07 G6010
投影レンズ
投光率
レーザー照射プロジェクター(LIP)の分類と要件
G レンズ(2.90 - 5.50:1
2.90-5.50 IEC 62471-5: 2015
IEC 60825-1:2014
クラス 1 リスクグループ 3
HD: 3.0 メートル
光輝度ハザードを避けるために、注意事項に従ってください。
決して、レンズをのぞき込まないでください。高輝度光ビーム。
ハザード距離内で高輝度の光ビームに曝されると、回復不能な目の損傷を受ける可能性があります。
オペレーターは危険距離内の光ビームへのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入るのを防ぐ
ような高さに製品を取り付ける必要があります。
プロジェクターの光路に反射物を置かないでください。
ユーザー定義
このマニュアルでは、サービスマンとは適切な技術的訓練を受け、作業をする際に遭遇する可能性のある
(高圧電流、電子回路、高輝度プロジェクターを含むがそれに限定しない) を認識するに十分な知識と経
を持ち、当人および他者に対してこのようなリスクを最小限に抑えることのできる、Barco に認定された人
物を指します。これらの危険に関する知識を持 Barco 認定のサービスマンだけが、製品筐体内の保守点検
す。た、ユーザーレーターは、サー
す。プロジェクター RG3 になる投光の交換レンズを取り付ける場合は、 「リスクグルー 3 安全」
のページ 9 を参照してください。プロジェクターおよびレンズのそのような組み合わせは、専門家による使
用専用であり、一般消費者向けではありません。
専門家による使用専用とは、取り付けが、高輝度光ビームに関連する危険についての知識を有する Barco
定の人物のみにより実行可能なことを意味します。
1.2 安全上の重要な注意
感電の危険を避けるために
本製品は単相 AC 電源で作動させてください。
本装置は、付属の 3 導体 AC 電源ケーブルを使用して接地 (アース) してください。付属の電源コードが
適切なタイプでない場合は、販売元にお問い合わせください。プラグをコンセントに差し込めない場合
は、電気工事技師に連絡し、古いコンセントを新しいものに交換してください。接地型プラグを使用す
ることは非常に重要です。
電源コードの上には何ものせないでください。本製品のコードを人に踏まれないように配置してくださ
い。コードを取り外す場合は、プラグの部分を持って引き抜いてください。コード自体を持って引き抜
くことは避けてください。
本装置に付属の電源コードのみを使用してください。他の電源コードは、外観上類似している場合で
も、工場における安全性テストが実施されていないため、本装置への電源供給には使用できません。交
換用の電源コードについては、販売元にお問い合わせください。
破損したコードを使用して、プロジェクターを操作しないでください。コードを交換します。
このプロジェクターを落とすか、破損した場合にはこのプロジェクターを当社認定のサービスマンが検
査して許可するまでは操作しないでください。コードを、つまずいたり、ひっぱったり、あるいは熱い
ものに触れるようなことがない場所に配置してください。
延長コードが必要な場合、少なくともこのプロジェクターのものと同等の定格電流のコードを使用して
ください。このプロジェクターより少ないアンペア数に対応しているコードを使用するとオーバーヒー
トすることがあります。
本装置のキャビネット スロットには、いかなる物体も押し込まないでください。危険な電圧ポイントま
たはショートする部品に触れて火災、あるいは感電の危険があります。
プロジェクターを雨や水分にさらさないでください。
このプロジェクターに水などの液体がかぶることのないように注意してください。
このプロジェクターにいかなる液体も絶対にこぼさないでください。
液体をこぼしたり、硬い物体をキャビネットに落としたりした場合には、プラグを外して、当社認定の
サービス担当員が点検してから操作を再開してください。
このプロジェクターは分解しないでください。保守や修理作業が必要な場合には、トレーニングを受け
た認定のサービス担当員が常に作業を行うようにしてください。
安全
11R5910888JA /07 G60
メーカーが推奨していないアクセサリや部品は使用しないでください。
- 雷が発生している場合、または長期間留守にするなどで使用しない場合、本ビデオ製品を保護するた
めに、コンセントからプラグを抜いてください。これにより、雷と AC 電源ライン サージによる損傷を
防ぐことができます。
けがを防ぐために
けがや身体への影響を防ぐため、電源コンセントに接続し、プロジェクターを調整する前に、このマ
ニュアルとシステム上のすべてのマニュアルを読むようにしてください。
けがを防ぐため、プロジェクターの重量に注意してください。
けがを防ぐために、レンズおよび他のすべてのカバーが正しく取り付けられていることを確認してくだ
さい。設置手順を参照してください。
警告: 高輝度の光ビームが放出されます。決して、レンズをのぞき込まないでください。高輝度のために
眼を負傷することがあります。
警告: 超高輝度レーザー: このプロジェクターは超高輝度のレーザーを使用します。決して、レンズをの
ぞき込んだり、レーザーを直視しないでください。
プロジェクターのカバーを取り外す前に、プロジェクターの電源を切り、電源コンセントから外してく
ださい。
内部の部品にアクセスする場合など、プロジェクターのスイッチをオフにする必要がある場合、必ず電
源コードをコンセントから取り外してください。
プロジェクター側の電源入力は、切断デバイスと考えられています。内部の部品にアクセスする場合な
ど、プロジェクターのスイッチをオフにする必要がある場合、必ずプロジェクター側の電源コードを取
り外してください。プロジェクター側の電源入力部に手が届かない場合 (吊り下げ構成の場合など) は、
プロジェクターに電力を供給するソケット コンセントを近くに設置して手が届きやすくなるようにする
か、または、容易に手が届く位置に断路器を配置するように配線します。
本装置を不安定なカート、スタンドまたはテーブルの上に置かないでください。装置が落下し、重大な
破損の原因となるほか、ユーザーが負傷する可能性があります。
レンズまたはシールドなしでの使用は危険です。シールド、レンズ、または紫外線スクリーンに、明ら
かに機能を損なうレベルの損傷がある場合は、それらを交換する必要があります。たとえば、割れ目や
深い傷などがある場合は、交換が必要です。
紫外線放射への曝露:一部の薬物は、紫外線に対する人体の感受性を高めることが知られています。
ACGIH (米国産業衛生専門家会議) では、労働者が 1 -8 時間に浴びる紫外線量を、1 平方センチメート
ルあたりの有効紫外線量で 0.1 マイクロワット未満とするよう勧告しています。スタッフの累積放射レ
ベルがこれらの政府のガイドラインを超えていないことを確認するため、作業環境の評価を実施するこ
とをお勧めします。この紫外線放射への暴露は、保守作業要員に 1 日に 1 時間のみ許可されています。
火災の危険を避けるために
プロジェクターの近くに可燃性物質を置かないでください。
Barco 大型スクリーン投影製品は、最も厳格な規制に適合するように設計および製造されています。通常
動作時に、本プロジェクターは本体外面と通気ダクトから排熱します。これらはいずれも通常の状態で
あり、安全です。本プロジェクターのすぐ近くに可燃性物質が置かれていると、その物質が自然発火し
て火災を引き起こす可能性があります。このため、プロジェクターのすべての外面の周囲には必ず「立
ち入り禁止区域」を設け、この区域内にはいかなる可燃性物質も置かないようにしてください。すべて
DLP プロジェクターについて、この立ち入り禁止区域は 100 cm (39.4 インチ) 以上とする必要があり
ます。レンズ側の立ち入り禁止区域は、最小でも 5 m とる必要があります。プロジェクターの動作時に
は、プロジェクターやレンズにいかなる素材の覆いもかぶせないようにしてください。このプロジェク
ターが設置されている付近に可燃性物質を絶対に近づけないでください。このプロジェクターは、換気
の良い場所に、発火物や直射日光を避けて設置してください。プロジェクターを雨や水分にさらさない
でください。火災が発生したら、砂、二酸化炭素 (CO2)、または粉末の消火器を使用してください。漏
電による火災には水を使用してはいけません。プロジェクターの保守点検はかならず当社認定のサービ
ス担当員に依頼してください。必ず正規の Barco の交換部品を使用してください。プロジェクターの安
全性が損なわれる恐れがありますので、当社指定の交換部品を必ず使用してください。
この機器にあるスロットと開口部は通気のために設けられています。プロジェクターを安定して動作さ
せ、オーバーヒートを防ぐために、これらのスロットと開口部は塞いだり覆ったりしないでください。
開口部が塞がれないように、プロジェクターを壁の近くや、ベッド、ソファ、じゅうたんなどの柔らか
い素材の表面上に置かないでください。ラジエータや温風の吹出口の近くや上には、決してこのプロ
ジェクターを配置しないでください。適切な通気が確保されない限り、本プロジェクターを他の装置内
に組み込んだり、他の筐体内に配置したりしないでください。
熱がこもるのを防ぐため、投影を行う場合は通気のよい部屋や冷房している部屋で使用する必要があり
ます。
安全
R5910888JA /07 G6012
このプロジェクターは、完全に冷却してから格納してください。その際、コードはプロジェクターから
取り外してください。
プロジェクターの損傷を避けるために
必ず、レンズキャップを外してから、プロジェクターのスイッチをオンにしてください。レンズキャッ
プが外れない場合、レンズを通って放射される高エネルギーの光によってレンズキャップが溶解してい
る場合があります。レンズキャップの溶解により、投影レンズの表面が深刻に破損する場合がありま
す。
プロジェクターの空気フィルターは定期的に掃除または交換する必要があります。ブース領域は 1 ヶ月
1 度はクリーニングしてください。清掃を行わないと、プロジェクター内部の空気の流れが滞り、過
熱が生じます。過熱により、動作中にプロジェクターがシャットダウンしてしまう場合もあります。
プロジェクターは、空気取込口への自由な空気の流れを確保し、冷却システムから排気される熱気が滞
りなく排出されるように取り付けてください。
1 つの映写室に複数のプロジェクターを設置する場合、排気の空気の流れに関する要件はそれぞれのプロ
ジェクターシステムについて守る必要があります。冷却装置の空気抽出または冷却が不十分だと、予想
されるプロジェクター本体の寿命が短くなるだけでなく、レーザーが使えなくなるまでの期間が早まる
点に注意してください。
適切な空気の流れを確保するために、またプロジェクターが EMC 要件に適合するために、プロジェク
ターはすべてのカバーを設置した状態で使用してください。
キャビネットにあるスロットと開口部は通気のために設けられています。プロジェクターを安定して動
作させ、オーバーヒートを防ぐために、これらのスロットと開口部は塞いだり覆ったりしないでくださ
い。開口部が塞がれないように、本製品をベッド、ソファ、じゅうたんなどの柔らかい素材の表面上に
置かないでください。ラジエータや温風の吹出口の近くや上には、決して本製品を配置しないでくださ
い。適切な通気が確保されない限り、本製品を他の装置内に組み込んだり、他の筐体内に配置したりし
ないでください。
プロジェクター上、または内部に何も漏れがないことを確認してください。これが見つかった場合、ス
イッチをオフにして、メインの電源を直ちに切断してください。資格を持ったスタッフが確認するま
で、プロジェクターは使用しないようにしてください。
プロジェクターの冷却ファンや、プロジェクター周囲の空気の自由な流れを妨げないようにしてくださ
い。
本装置を水の近くで使用しないでください。
レーザー光の特別な注意:DLP プロジェクターを高出力のレーザー機器と同じ部屋で使用する場合に
は、特別な注意が必要です。レンズにレーザー光が直接または間接的に当たると、Digital MicroMirror
Devices に重大な損傷をまねく場合があります。この場合、保証が適用されなくなります。
直射日光の下に絶対にプロジェクターを置かないでください。レンズに直射日光が直接当たると、Digital
Mirror Devices に重大な損傷をまねく場合があります。この場合、保証が適用されなくなります。
梱包用のダンボールと梱包材は保管しておいてください。将来、この装置を梱包して発送する必要性が
生じた場合に使用できます。発送する場合は、本装置の保護のため工場出荷時と同様に梱包してくださ
い。
クリーニングの際には電源コンセントから本製品のコードを抜いてください。液体クリーナーや洗剤や
エアゾールクリーナーは使用しないでください。クリーニングの際には、湿らせた布を使用してくださ
い。シンナー、ベンジンなど強力な液体や研磨剤は、キャビネットを損傷するため使用しないでくださ
い。がんこな汚れは、中性洗剤で軽く湿らせた布を使用することで取り除くことができます。
最高の光学パフォーマンスと解像度を確保するため、投影レンズには特別に反射防止コーティングが施
されています。このため、レンズには触れないようにしてください。レンズのほこりを取り除く場合に
は、柔らかい乾燥した布を使用してください。湿らせた布、溶剤、シンナーは使用しないでください。
定格環境温度:ta= 5°C41°F)~40°C104°F)。
定格動作湿度:10% RH85% RH(結露しないこと)このプロジェクターは 360°の範囲内で任意の角度
に設定できます。
ユニットの適切な空気循環と冷却のためには、プロジェクターの周りに適切なスペースを確保すること
が重要です。ここに表示した寸法は、必要最小限のスペースを示しています。
安全
13R5910888JA /07 G60
100 cm
(39.4”)
100 cm
(39.4”)
100 cm
(39.4”)
100 cm
(39.4”)
30 mm
(1.2”)
10.1 mm
(0.4”)
1 2
画像 11
1 底部吸気口。
2 天井取り付けプレート。
天井取り付け設置の場合は、天井取り付け部とプロジェクターの底部吸気口の間に 30 mm1.2 イン
チ)の間隔をあけてください。
バッテリーの爆発を防ぐために
電池が正しく取り付けられていないと、発火するおそれがあります。
交換には、メーカーが推奨するものと同一または同等の種類のみを使用してください。
使用済みバッテリーを破棄する場合は。各地方自治体における危険物の廃棄規則を確認の上、適切に処
理してください。
修理点検が必要な場合
設置した製品のカバーを開けて、ご自分で修理点検しようとしないでください。カバーをあけると、感
電などの危険があります。
修理点検はすべて、当社認定のサービス担当員に依頼してください。
このマニュアルで説明していない内部設定やその他のコントロール設定を出荷時の設定から変更する
と、プロジェクターの深刻な破損を引き起こす可能性があり、また保証も行われなくなる恐れがありま
すので、ご注意ください。
次のような場合には、プロジェクターの電源プラグをコンセントから抜き、当社認定のサービス技術員
に修理点検を依頼してください。
- 電源コードやプラグが破損したり擦り切れたりしている場合。
- 本装置に液体をこぼした場合。
- 本製品が雨や水に濡れた場合。
- 本製品を指示にしたがって操作しても正しく動作しない場合。操作についての説明がないコントロー
ルは、調節しないでください。誤った調節をすると破損する恐れがあり、当社認定の技術員による大
規模な修理や再調整が必要となることがあります。
- 本製品を落としたり、キャビネットが破損したりした場合。
- 本製品のパフォーマンスに大きな変化があり、修理点検が必要であると表示された場合。
部品交換: 部品交換が必要な場合、保守技術者がオリジナルの Barco の部品、または Barco のオリジナル
の部品と同じ性質を持つ認定の交換部品を使用しているか確認してください。認定外の部品を使用する
と、パフォーマンスや信頼性が低下し、また火災や感電などの危険が生じる場合があります。認定外の
部品を使用した場合、保証が無効となることがあります。
安全確認: プロジェクターの修理点検が終了したら、製品が正常に動作するかどうか、保守技術者に安全
確認を行ってもらいます。
有害化学物質の安全データシート
は、デーシー (SDS) い。SDSは、
[email protected] にリクエストすることで入手できます。
安全
R5910888JA /07 G6014
1.3 製品安全ラベル
G60-W7 シリーズ用ライトビーム関連安全ラベル
ラベルの画像 ラベルの説明
R G 2
IEC60825-1:2014 およびクラス 3R レーザー製品 IEC 60825-1:2007
のリスクグループ 2。決して、レーザー光をのぞき込まないでくだ
さい。輝度があまりに高くなると、回復不能な目の損傷を引き起こ
す可能性があります。
COM
P
LI
E
S
W
I
TH
21 CFR 1040.10 AND
1
040.
11
E
XCEP
T
F
O
R
DEVIATIONS PURSUANT
TO LASER NOTICE No. 50,
DATED JUNE 24, 2007.
IEC/EN 60825-1:2007
IEC/EN 60825-1 : 2007
LASER RADIATION -AVOID DIRECT EYE EXPOSURE - CLASS 3R LASER PRODUCT
Wave length : 449-461 nm / Max. Pulse energy : 0.52mJ / Pulse duration : 1.06 ms
IEC/EN 60825-1 : 2014 CLASS 1 LASER PRODUCT / RISK GROUP 2
WARNING : Possibly hazardous optical radiation emitted from this product.
Do not stare into the beam, May be harmful to the eyes.
IEC/EN 60825-1 : 2007
IEC/EN 60825-1 : 2014
IEC/EN 60825-1 : 2007
RAYONNEMENT LASER - ÉVITEZ TOUTE EXPOSITION DIRECTE DES YEUX -
PRODUIT LASER DE CLASSE 3R
Longueur d'ondes : 449 - 461 nm / Max.impulsion d'énergie : 0.52 mJ /
Durée impulsions 1.06 ms
IEC/EN 60825-1 : 2014 PRODUIT LASER DE CLASSE 1 / GROUPE A RISQUE 2
AVERTISSEMENT : Risquse possibles de rayonnements optiques émis par ce produit.
Ne pas regarder dans le faisceau. Peut être dangereux pour les yeux.
IEC/EN 60825-1 : 2007
IEC/EN 60825-1 : 2014
この製品は、2007 6 24 日付レーザー通知 No.50 に基づく逸
脱を除き、IEC 60825-1:2014 のクラス 1 レーザー製品 - リスクグ
ループ 2 IEC 60825-1:2007 のクラス 3R レーザー製品として、
21 CFR 1040.10 および 1040.11 に準拠しています。
G60-W8 シリーズ用ライトビーム関連安全ラベル
ラベルの画像 ラベルの説明
リスクグループ 2IEC60825-1:2014。決して、レーザー光をのぞ
き込まないでください。輝度があまりに高くなると、回復不能な目
の損傷を引き起こす可能性があります。
この製品は、IEC 60825-1:2014 のクラス 1 レーザー製品 - リスクグ
ループ 2 に準拠しており、さらに、IEC 62471-5:Ed.1.0 で定義され
たリスクグループ 2LIP(レーザー照射プロジェクター)とし
て、21 CFR 1040.10 および 1040.11 にも準拠しています。詳細に
ついては、2019 5 8 日付のレーザー通知 No.57 を参照してく
ださい。
G60-W10 シリーズ用ライトビーム関連安全ラベル
ラベルの画像
ラベルの説明
This product complies with performance standards for laser
products under 21 CFR Part 1040 except with respect to those
characteristics authorized by Variance Number 2 0 1 6 -V-0 1 4 4
effective December 12, 2019.
BARCO INC
3059 Premiere Parkway Suite 400, Duluth, GA 30097, USA
U.S.A. Only
FDA レーザーの分散(米国プロジェクターのみ)
この製品は、2007 6 24 日付レーザー通知 No.50 に基づく逸
脱を除き、IEC 60825-1:2014 のクラス 1 レーザー製品 - リスクグ
ループ 2 IEC 60825-1:2007 のクラス 3R レーザー製品として、
21 CFR 1040.10 および 1040.11 に準拠しています。
このプロジェクターは、投光率が 2.9 より大きい交換レンズ(G
ンズ - 超長焦点ズーム)を取り付ける場合、リスクグループ 3 製品
になる可能性があります。使用前に、レンズリストおよび危険距離
についてのマニュアルを読んでください。プロジェクターおよびレ
ンズのそのような組み合わせは、専門家による使用専用であり、一
般消費者向けではありません。
家庭用のものではありません。
ビームへ直接さらされることがないようにしてください。眼の奥の
網膜に損傷を与える可能性があります。
安全
15R5910888JA /07 G60
1.4 リスクグループ 3 の安全
1.4.1 全体的な考慮事項
G60 プロジェクターがリスクグループ 3 になったときの光放射に関する通知。
RG3 については、ビームへ直接さらされることがないようにしてください。
RG3 については、オペレーターは危険距離内の光へのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入
るのを防ぐような高さに製品を取り付ける必要があります。
本プロジェクターは、内蔵クラス 4 レーザークラスターを 1 つ以上搭載しています。分解または改造は
非常に危険であり、絶対に実行しないでください。
ユーザーガイドに記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危険があり
ます。
レーザー放射への露出による損傷が生じる恐れがあるため、プロジェクターを開けたり分解したりしな
いでください。
専門家による使用専用とは、取り付けが、高輝度光ビームに関連する危険についての知識を有する Barco
定の人物のみにより実行可能なことを意味します。
警告: 危険距離以内で光に直接晒されない場合は許可されます、RG3 (リスクグループ 3) IEC EN
62471-5:2015
注意: 本書に記載されている以外の制御法や調整法を使用したり、手順を実行したりすると、有害
な放射線被ばくを引き起こすことがあります。
PPE (個人保護具) の説明。
制限エリアにアクセスする際には、熟練した担当者またはサービス担当者は保護着とゴーグルを着用する必
要があります。
皮膚や目にダメージを受ける可能性があります。
サービス作業を開始する前に、電源を切断してください。
1.4.2 高輝度の注意事項: 危険距離
HD
危険距離 (HD) は、輝度 (表面単位あたりのエネルギー) が角膜または皮膚で最大適用曝露制限未満
になる投影レンズから測定された距離です。人間から光源までの距離が HD 未満である場合は、
光ビームが暴露に安全でないとされます。
HD に基づく制限ゾーン (RZ)
HD は、ジェタールーよっす。8
ページ、 全体的な考慮事項 の章を参照してください。
訓練を受けていないエンドユーザー (映画館訪問者、観客など) を保護するために、設置場所は、以下の設
要件に適合しなければならりません。オペレーターは、危険距離内のビームへのアクセスを制御するか、
客の目が危険距離内にならないようにする高さに製品を設置すること。制限を超える放射レベルはオペレー
ター、フォーマー、 2.0 メー
(SH)、まその人間るこ可さあら場所方向1.0 メー (SW) 未満
場所可させん。制のる舞合理測で環境は、例えば、HD範囲ある
個人が別の個人の肩に乗ることによる露の可能を防ぐために、最分離高は 3.0 メートル以上高くす
必要があります。
これらの値は最小値で、IEC 62471-5:2015 section 6.6.3.5 で提供されたガイダンスに基づいています。
インストーラーとユーザーはリスクを理解し、ラベルとユーザー情報に示された危険距離に基づいて防護手
段を講じる必要があります。取り付け方法、分離高さバリア、検出システム、その他の適用できる規制措
は、目が危険距離内部で放射に晒されないようにする必要があります。
例えば、1 メーHD人がを放ジェター
は、「固定されたプロジェクターの取り付け」パラメーターに従って配置する必要があります。その結果、
光が床面から 2.0 メートル以上高いところを通らない限り、HDは観客区域に向かって伸びることはありませ
安全
R5910888JA /07 G6016
ん。抑ない舞い理的でき境では、ば、HD囲内個人の個肩に
乗ることによる暴露可能性を防ぐために、最低分離高 3.0 メートル以上くする必要があります。十
に大きな分離高は画像プロジェクターを天井にまたは物理的バリアの使用を通して取り付けることで達成で
きます。
RA
TH
PR
H
D
SW
SW
SW
SW
(B) TOP VIEW
EXIT
SH
LRZ
RA
PR
TH
HD
(A) SIDE VIEW
RZ
SH
LRZ
RZ
画像 12
A 側面。
B 上面。
RA 立ち入り制限区域 (プロジェクターのブース領域)
PR プロジェクター。
TH シアター。
RZ シアター内の制限ゾーン
SH 分離高:
SW 分離幅:
国の既定より、影レズと関連険距 (HD) ゾーンの投された光中に立ちるこは禁
られています。十分な分離高を作り出したり、バリアを置いたりするなどして、その行為が物理的に不可能
になるようにするものとします。最低分離高は、オペレーター、パフォーマー、または従業員以外の人間
上に立つことの許可される表面を考慮に入れます。
画像 13 に、一般的な設置方法を示します。これらの最低要件が満たされるかどうかを確認しなければなり
ません。必要に応じて、シアター内の制限ゾーン (RZ) を設定しなければなりません。この場合は、画像 13
に示す赤いロープなど、物理的なバリアを使用します。
制限区域のステッカーは、アイコンのみのあるステッカーに置き換えることができます。
画像 13
米国市場
米国市場において取り付け LIP (レーザー点灯式プジェクター) 場合、他制限ゾーンの条件が適
れます。
(館、所、室、) LIP は、ゾー 2.5
メートル以上になるように、床の垂直方向上の高さに設置すること。危険距離ゾーンまでの水平クリアラ
スは 1 メートル以上とすること。または、水平方向のクリアランスの分離バリアの高さが 1 メートル以上あ
る場合、水平方向のクリアランス (SW) は次のように減らすことができます。
危険ゾーンの高さが最小 2.5 メートルの場合は 0 メートル。
危険ゾーンの高さが最小 2.4 メートルの場合は 0.1 メートル。
安全
17R5910888JA /07 G60
危険ゾーンの高さが最小 2.2 メートルの場合は 0.6 メートル。
非制限環境 (コンサート等) に設置するための LIP は、危険距離ゾーンの底面が床上 3 メートル以上になる
うに、床の垂直方向上の高さに設置すること。危険距離ゾーンまの水平クリアランスは 2.5 メートル以
とすること。危険ゾーンへの水平方向での人の接近は、該当する場合、バリアによって制限すること。管
されていない環境で人がアクセスできる場合は、危険距離ゾーンへの暴露を防ぐために、水平または垂直方
向のクリアランスを大きくすること。
LIP は、Barco たは練をけた Barco 認定設置当者よって置さるか、レーザーショー特
認可の保持者にのみ転送されること。これは、ディーラーとディストリビューターが LIP の設 (モ設)
を行うことが必要な合があること、およ / また LIP の転送 (販売、賃貸、リース) 行うため、ディー
ラーディビューターす。は、在、 IIIB IV レー
ザー光ショーの制作およ / または RG3 LIP の組み込みのために、特例的認可を保持することができます。
レーザーショーの的認は、FDA オンイン eSubmitter ポータル Barco 例的承認
xxxx-xx-xxx を参照する FDA Form 3147 で要求できます。
レー RG3 ジェターチェッは、
す。設置チェックリストは、Barco ウェブサイトからダウンロードできます。流通チェーン最終の特例的
は、チェッし、FDA す。
Barco 最終特例可の持者ある合、チェックスト pv[email protected]o.com する要が
ます。
一時的な設置 (レンタルやステージング、リース、イベント等) の場合は、次の要件がさらに適用されます:
レンタル会社は、レンタル機器の設置担当者と直接関係があるため、レーザー光ショーの特例的認可を
有する必要があります。
本製品は、規制ゾーン内のすべての伝搬ビーム経路と聴衆が常に直接観察できるように配置すること。
LIP プロジェクションの監視を補助する他の要員とのコミュニケーションを維持すること。
安全でない状態が発生した場合、直ちに LIP 投影光を終了 (または終了を指定) してください。
1 以上すぐアクス可制御置を置して、LIP 影光直ち了しす。プジェクター
の電源入力は、信頼できる切断デバイスと考えられています。プロジェクターのスイッチをオフにする必要
がある場合、プロジェクター側の電源コードを取り外してください。プロジェクター側の電源入力部に手が
届か (成の) は、ジェクター力をソケッ コントを
設置して手が届きやすくなるようにするか、または、容易に手が届く位置に断路器を配置するように配線し
ます。
1.4.3 全密閉型投影システムの HD
HD
危険距離 (HD) は、輝度 (表面単位あたりのエネルギー) が角膜または皮膚で最大適用曝露制限未満
になる投影レンズから測定された距離です。人間から光源までの距離が HD 未満である場合は、
光ビームが暴露に安全でないとされます。
HD に基づく制限ゾーン (RZ)
プロジェクターは、拡散コーティングされた投影画面にビームを投影する、背面投影の用途にも適していま
す。画像 14 に示すように、制限密閉投影領域 (RA) および観察領域 (TH) という 2 つの領域について考慮す
る必要があります。
安全
R5910888JA /07 G6018
RA TH
sw
PD
HD
DIFFUSE
sw
RZ
sw
sw
PR
HD
REFLECTION
RESTRICTED
AREA
RESTRICTED
AREA
画像 14
RA 立ち入り制限区域 (密閉投影領域)
PR プロジェクター。
TH シアター (観察領域)
RZ 制限ゾーン。
PD 投影距離。
SW 分離幅: 最低 1 メートルが必要です。
このタイプのセットアップでは、以下の 3 種類の HD
(イントラビームの曝露について第 15 ページ、 高輝度の注意事項: 危険距離 で説明されている HD) を考
慮する必要があります。
HD
reflection
: 背面投影画面からの反射光について、常に制限対象としなければならない距離。
HD
diffuse
: 拡散表面の背面投影画面を観察する際に考慮すべき関連距離。
15 ページ、 高輝度の注意事項: 危険距離 で述べている通り、HD のいずれかより近いビーム領域内には制
限ゾーンをけなればりません。閉投影領には 2 つの制限ゾーンをみ合せるのが切です。1
つは、ビーム前方 1 m の分離幅 (SW) を考慮した、画面に向けて投影されるビームの制限ゾーンです。も
1 つは、横方向に 1 メートルの場所を考慮した、画面からの背面反射に関する制限ゾーン (HD
reflection
) です。
HD
reflection
距離は、決られた HD 離と背面投影画面までの投影距との差 25% に当たります。使用
るレよびジェクターデル HD 距離めるは、 8 ページ、 全体な考 参照
してください。
HD
reflection
= 25% (HD PD)
観察に画放射れるは、10 cm RG2 を超はなません。面表での
されたライトが 5,000 cd/m² または 15,000 ルクス未満の場合、HD
diffuse
は無視できます。
安全
19R5910888JA /07 G60
2.1 メインユニット ............................................................................................................................20
2.2 入力/出力 (I/O) パネル ................................................................................................................21
2.3 コントロール パネル ....................................................................................................................22
2.4 リモコン装置 (RCU) .....................................................................................................................23
製品の概要 2
R5910888JA /07 G6020
2.1 メインユニット
コンポーネントの位置
1
2
画像 21
1 受信装置 (前面)
2 投影レンズ
76 6 68 9
3 54
画像 22
3
LED の状態ライト
4 入力/出力 (I/O) パネル
5 受信装置 ()
6 調整脚
7 コントロール パネル
8 電源ソケット (AC100-240V50-
60Hz)
9 電源スイッチ
製品の概要
/

このマニュアルはにも適しています