ESET Server Security for Windows Server (File Security) 9.0 取扱説明書

カテゴリー
ウイルス対策セキュリティソフトウェア
タイプ
取扱説明書
ESET Server Security
ユーザー ガイド
この文書のオンラインバージョンを表示するにはこちらをクリック
してください。
Copyright ©2023 by ESET, spol. s r.o.
ESET Server SecurityESET, spol. s r.o.によって開発されています
詳細については、https://www.eset.comをご覧ください。
All rights reserved.本ドキュメントのいかなる部分も、作成者の書面による許可がない場合、電子的、機
械的、複写、記録、スキャンなど、方法または手段の如何をと遭わず、複製、検索システムへの保存、
または転送が禁じられています。
ESET, spol. s r.o.は、事前の通知なしに、説明されたアプリケーションソフトウェアを変更する権利を有
します。
テクニカルサポート: https://support.eset.com
改訂: 2023年/3月/18日
1 概要 1 ..................................................................................................................................................
1.1 主要な機能 1 ..................................................................................................................................
1.2 新機能 2 ........................................................................................................................................
1.3 保護の種類 2 ..................................................................................................................................
2 インストールの準備 3 ..........................................................................................................................
2.1 システム要件 4 ...............................................................................................................................
2.2 SHA-2は互換性が必要 5 ....................................................................................................................
2.3 ESET Server Securityのインストール手順 6 .........................................................................................
2.3 設定のエクスポートまたはインストールの削除 9 ......................................................................................
2.4 サイレント / 無人インストール 10 ......................................................................................................
2.4 コマンドラインインストール 11 ........................................................................................................
2.5 製品のアクティベーション 14 .............................................................................................................
2.5 ESET Business Account 15 ...............................................................................................................
2.5 アクティベーションは正常に実行されました 15 .......................................................................................
2.5 アクティベーションに失敗しました 16 .................................................................................................
2.5 ライセンス 16 ............................................................................................................................
2.6 最新バージョンへのアップグレード 16 .................................................................................................
2.6 ESET PROTECT経由でのアップグレード 17 .............................................................................................
2.6 ESET Cluster経由でのアップグレード 19 ................................................................................................
2.7 クラスター環境でのインストール 22 ....................................................................................................
2.8 ターミナルサーバ 22 ........................................................................................................................
2.9 セキュリティと安定性のアップデート 22 ...............................................................................................
3 はじめに 23 .........................................................................................................................................
3.1 ESET PROTECTを使用した管理 23 ......................................................................................................
3.2 監視 24 .........................................................................................................................................
3.2 状態 26 ...................................................................................................................................
3.2 Windows Updateが利用可能です 27 .....................................................................................................
3.2 ネットワーク隔離 27 ....................................................................................................................
4 コマンドと ESET Server Security 29 ...................................................................................................
4.1 検査 29 .........................................................................................................................................
4.1 検査ウィンドウと検査ログ 31 ..........................................................................................................
4.2 ログファイル 33 .............................................................................................................................
4.2 ログのフィルタ 36 .......................................................................................................................
4.3 アップデート 38 .............................................................................................................................
4.4 設定 40 .........................................................................................................................................
4.4 サーバー 41 ..............................................................................................................................
4.4 コンピューター 42 .......................................................................................................................
4.4 ネットワーク 43 .........................................................................................................................
4.4 ネットワークトラブルシューティングウィザード 44 ..................................................................................
4.4 Webとメール 44 ..........................................................................................................................
4.4 ツール - 診断ロギング 45 ..............................................................................................................
4.4 設定のインポート/エクスポート 46 ....................................................................................................
4.5 ツール 46 ......................................................................................................................................
4.5 実行中のプロセス 47 ....................................................................................................................
4.5 アクティビティの確認 49 ...............................................................................................................
4.5 保護統計 50 ..............................................................................................................................
4.5 クラスタ 51 ..............................................................................................................................
4.5 クラスターウィザード - ノードの選択 53 .............................................................................................
4.5 クラスターウィザード - クラスター設定 54 ...........................................................................................
4.5 クラスターウィザード - クラスターセットアップ設定 55 ............................................................................
4.5 クラスターウィザード - ノードチェック 55 ...........................................................................................
4.5 クラスターウィザード - ノードインストール 57 ......................................................................................
4.5 ESET Shell 60 .............................................................................................................................
4.5 使用状況 62 ..............................................................................................................................
4.5 コマンド 67 ..............................................................................................................................
4.5 バッチファイル/スクリプト 70 .........................................................................................................
4.5 ESET SysInspector 71 ....................................................................................................................
4.5 ESET SysRescue Live 72 .................................................................................................................
4.5 スケジューラ 72 .........................................................................................................................
4.5 スケジューラー - タスクの追加 73 ....................................................................................................
4.5 タスクの種類 75 .........................................................................................................................
4.5 タスクの実行 76 .........................................................................................................................
4.5 トリガーされたイベント 76 .............................................................................................................
4.5 アプリケーションの実行 77 .............................................................................................................
4.5 タスクが実行されなかった場合 77 ......................................................................................................
4.5 スケジュールタスクの概要 77 ..........................................................................................................
4.5 分析のためにファイルを提出 77 ........................................................................................................
4.5 不審なファイル 78 .......................................................................................................................
4.5 不審なサイト 79 .........................................................................................................................
4.5 誤検出ファイル 79 .......................................................................................................................
4.5 誤検出サイト 80 .........................................................................................................................
4.5 その他 80 ................................................................................................................................
4.5 隔離 80 ...................................................................................................................................
4.6 OneDrive検査の設定 82 ...................................................................................................................
4.6 ESET OneDriveスキャナーの登録 84 ....................................................................................................
4.6 ESET OneDriveスキャナーの登録解除 88 ...............................................................................................
5 一般設定 92 .........................................................................................................................................
5.1 Detection engine 93 ......................................................................................................................
5.1 機械学習による検出 95 ..................................................................................................................
5.1 除外 97 ...................................................................................................................................
5.1 パフォーマンスの除外 98 ...............................................................................................................
5.1 除外の作成ウィザード 100 .............................................................................................................
5.1 詳細設定オプション 101 ................................................................................................................
5.1 自動除外 101 ............................................................................................................................
5.1 共有ローカルキャッシュ 101 ...........................................................................................................
5.1 侵入が検出された 102 ..................................................................................................................
5.1 リアルタイムファイルシステム保護 103 ...............................................................................................
5.1 ThreatSense パラメータ 104 ............................................................................................................
5.1 追加の ThreatSense パラメータ 108 ..................................................................................................
5.1 検査対象外とするファイル拡張子 109 .................................................................................................
5.1 除外を処理する 109 .....................................................................................................................
5.1 クラウドベース保護 110 ................................................................................................................
5.1 除外フィルタ 112 .......................................................................................................................
5.1 マルウェア検査 113 .....................................................................................................................
5.1 プロファイルマネージャ 114 ...........................................................................................................
5.1 プロファイルターゲット 115 ...........................................................................................................
5.1 検査の対象 117 ..........................................................................................................................
5.1 アイドル状態検査 118 ..................................................................................................................
5.1 スタートアップ検査 119 ................................................................................................................
5.1 自動スタートアップファイルのチェック 119 ..........................................................................................
5.1 リムーバブルメディア 120 .............................................................................................................
5.1 ドキュメント保護 121 ..................................................................................................................
5.1 Hyper-V検査 121 .........................................................................................................................
5.1 OneDrive検査 123 .......................................................................................................................
5.1 HIPS 124 .................................................................................................................................
5.1 HIPSルール設定 126 .....................................................................................................................
5.1 HIPS詳細設定 129 ........................................................................................................................
5.2 アップデートの設定 129 ...................................................................................................................
5.2 アップデートのロールバック 133 ......................................................................................................
5.2 スケジュールタスク - アップデート 133 .............................................................................................
5.2 ミラーでの更新 133 .....................................................................................................................
5.3 ネットワーク保護 136 ......................................................................................................................
5.3 既知のネットワーク 136 ................................................................................................................
5.3 ネットワークの追加 136 ................................................................................................................
5.3 ゾーン 137 ..............................................................................................................................
5.4 ネットワーク攻撃保護 138 ................................................................................................................
5.4 IDSの例外 139 ...........................................................................................................................
5.4 不審な脅威がブロックされました 139 .................................................................................................
5.4 一時IPアドレスブラックリスト 140 ....................................................................................................
5.4 総当たり攻撃保護 140 ..................................................................................................................
5.4 総当たり攻撃保護ルール 141 ...........................................................................................................
5.4 総当たり攻撃保護の除外 141 ...........................................................................................................
5.5 Webとメール 141 ...........................................................................................................................
5.5 プロトコルフィルタリング 142 ........................................................................................................
5.5 Webと電子メールのクライアント 143 ..................................................................................................
5.5 SSL/TLS 143 ..............................................................................................................................
5.5 既知の証明書のリスト 144 .............................................................................................................
5.5 暗号化されたSSL通信 145 ..............................................................................................................
5.5 電子メールクライアント保護 146 ......................................................................................................
5.5 電子メールプロトコル 147 .............................................................................................................
5.5 警告と通知 148 ..........................................................................................................................
5.5 Microsoft Outlookツールバー 149 .......................................................................................................
5.5 Outlook ExpressおよびWindowsメールツールバー 149 ................................................................................
5.5 確認ダイアログ 149 .....................................................................................................................
5.5 メッセージの再検査 150 ................................................................................................................
5.5 Webアクセス保護 150 ...................................................................................................................
5.5 URLアドレス管理 151 ...................................................................................................................
5.5 新規リストの作成 152 ..................................................................................................................
5.5 フィッシング対策Web保護 155 ........................................................................................................
5.6 デバイスコントロール検査 156 ...........................................................................................................
5.6 デバイスルール 157 .....................................................................................................................
5.6 デバイスグループ 159 ..................................................................................................................
5.7 ツール設定 160 ..............................................................................................................................
5.7 タイムスロット 160 .....................................................................................................................
5.7 Microsoft Windows Update 161 .........................................................................................................
5.7 コマンドラインスキャナー 161 ........................................................................................................
5.7 ESET CMD 163 ...........................................................................................................................
5.7 ESET RMM 165 ...........................................................................................................................
5.7 ライセンス 166 ..........................................................................................................................
5.7 WMIプロバイダ 166 ......................................................................................................................
5.7 提供されたデータ 166 ..................................................................................................................
5.7 提供されたデータへのアクセス 176 ....................................................................................................
5.7 ESET管理コンソール検査対象 177 ......................................................................................................
5.7 上書きモード 177 .......................................................................................................................
5.7 ログファイル 180 .......................................................................................................................
5.7 プロキシサーバ 182 .....................................................................................................................
5.7 通知 182 .................................................................................................................................
5.7 アプリケーション通知 183 .............................................................................................................
5.7 デスクトップ通知 183 ..................................................................................................................
5.7 電子メール通知 184 .....................................................................................................................
5.7 カスタマイズ 186 .......................................................................................................................
5.7 プレゼンテーションモード 186 ........................................................................................................
5.7 診断 186 .................................................................................................................................
5.7 テクニカルサポート 188 ................................................................................................................
5.7 クラスタ 188 ............................................................................................................................
5.8 ユーザーインタフェース 190 .............................................................................................................
5.8 アラートとメッセージボックス 191 ....................................................................................................
5.8 アクセス設定 191 .......................................................................................................................
5.8 ESET Shell 192 ...........................................................................................................................
5.8 ターミナルサーバでのGUIの無効化 192 ................................................................................................
5.8 無効にされたメッセージとステータス 193 ............................................................................................
5.8 アプリケーションステータス設定 193 .................................................................................................
5.8 Windows通知領域のアイコン 194 .......................................................................................................
5.9 デフォルト設定に戻す 195 ................................................................................................................
5.10 ヘルプとサポート 196 ....................................................................................................................
5.10 サポート要求の送信 197 ...............................................................................................................
5.10 ESET Server Securityについて 197 ....................................................................................................
5.11 用語集 197 ..................................................................................................................................
6 エンドユーザーライセンス契約 197 ....................................................................................................
7 プライバシーポリシー 204 ..................................................................................................................
1
概要
ESET Server Security は、特にMicrosoft Windows Server環境向けの統合ソリューションです。ESET Server
Securityは、さまざまな種類のマルウェアに対する効果的かつ堅牢な保護を備えており、マルウェア対策
保護とスパイウェア対策保護という2種類の保護を提供しています。
最新バージョンの主要な機能新機能を参照してください。
主要な機能
次の表は、ESET Server Securityで使用可能な機能の一覧を示します。ESET Server Security 、スタンドアロ
ンおよびクラスタ環境で、Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2016、2019のほとんどのエディショ
ンをサポートします。大規模なネットワークでは、ESET PROTECTを使用してリモートでESET Server
Securityを管理できます。
真の64ビッ
ト製品コア
製品のコアコンポーネントにより高いパフォーマンスと安定性を追加。
マルウェア
対策
受賞経験のあると革新的なマルウェアに対する防御を実現する、この最先端技術 は攻撃
を防止し、ウイルス、ランサムウェア、ルートキット、ワーム、スパイウェアを含むす
べての種類の脅威を排除します。クラウドベースの検査を使用するため、さらに検出率
が高くなっています。軽量でシステムリソースの負荷が少ないため、パフォーマンスを
犠牲にしません。階層型のセキュリティモデルが使用されます。各階層またはフェーズ
ではさまざまなコア技術が使用されています。実行前フェーズでは、UEFIスキャナー、ネッ
トワーク攻撃保護、レピュテーションおよびキャッシュ、製品内サンドボックス、DNA
出などの技術が使用されます。実行フェーズでは、エクスプロイトブロッカー、ランサ
ムウェア保護、アドバンスドメモリスキャナー、スクリプトスキャナー(AMSI)が使用され
ます。実行後フェーズでは、ボットネット保護、クラウドマルウェア保護システム、サ
ンドボックスが使用されます。この機能が豊富なコア技術により、比類ないレベルの保
護が実現されます。
OneDrive検査 これは、OneDriveクラウドストレージにあるファイルを検査できる追加された新機能です
Office 365ビジネスアカウント用。
Hyper-V検査 Microsoft Hyper-V Server上の仮想マシン(VM)ディスクの検査を実行できる新しい技術です。
特定のVM上で「エージェント」は不要です。
ESET
LiveGuard
Advanced
ESETクラウドベースサービス。ESET Server Securityが不審なコードまたはコードを検出する
、ESET LiveGuard Advanced隔離に一時的に配置することで、さらなる脅威アクティビティ
を防止します。不審なサンプルは自動的にESET LiveGuard Advancedさーばーに送信され、
最先端のマルウェア検出エンジンで分析されます。ESET Server Securityは、その後に分析の
結果を受信します。不審なファイルは結果に応じて処理されます。
ESET Cluster ESET Clusterでは単一の場所から複数のサーバーを管理できます。ワークステーションを
ノードに結合すると、すべてのクラスタメンバーで1つの構成ポリシーを配布できるため、
管理がさらに自動化されます。クラスタ自体の作成は、インストールされたノードで実
行できます。これはすべてのノードをリモートでインストールおよび開始できます。ESET
サーバー製品により、ESETサーバー製品はそれぞれ通信し、構成や通知などのデータを交
換するだけでなく、製品インスタンスのグループが正しく動作するために必要なデータ
を同期することができます。クラスタ全体で製品の構成は同じです。Windows Failover
ClusterおよびNetwork Load Balancing (NLB) ClusterESET Server Securityによってサポートさ
れます。また、ESET Clusterメンバーを手動で追加できます。特定のWindows Clusterは必要
ありません。ESET Clusterはドメインとワークグループ環境の両方で動作します。
自動除外 動作とパフォーマンスをスムーズにするために、重要なアプリケーションとサーバーファ
イルを自動的に検出して除外します。
2
真の64ビッ
ト製品コア
製品のコアコンポーネントにより高いパフォーマンスと安定性を追加。
除外を処理
する
特定のプロセスをマルウェア対策のアクセス中の検査から除外します。マルウェア対策
のアクセス中の検査では、バックアッププロセスや仮想マシンのライブ移行といった特
定の状況で競合が発生する可能性があります。プロセス除外では、競合の可能性のリス
クを最小化し、除外されたアプリケーションのパフォーマンスを改善します。このよう
にして、システムの全体的なパフォーマンスと安定性に好ましい効果を及ぼします。プ
ロセス/アプリケーションの除外は、実行ファイル(.exe)の除外です。
eShell ESET
Shell
eShell 2.0は、経験豊富なユーザーと管理者向けに、ESETサーバー製品を管理するための総
合的なオプションを提供する、新しいコマンドラインインタフェースです。
ESET
PROTECT
オンデマンド検査をスケジュールする機能を含む、ESET PROTECTとの統合の強化。詳細
については、ESET PROTECTオンラインヘルプを参照してください。
コンポーネ
ントベース
のインストー
インストールをカスタマイズし、製品の選択したコンポーネントのみを含めることがで
きます。
新機能
ESET Server Securityの新機能と機能強化:
真の64ビット製品コア
OneDrive検査
ESET LiveGuard Advanced
ESET Inspectサポート
ESET RMM
ネットワーク隔離
機械学習による検出
監査ログ
マイクロプログラムコンポーネントのアップデート
総当たり攻撃保護
保護の種類
保護には、2種類あります。
マルウェア対策保護
スパイウェア対策保護
マルウェア対策の保護機能は、ESET Server Security製品の基本機能の1つです。この保護機能は、ファイ
ル、電子メール、およびインターネット通信を検査することにより、悪意のあるシステム攻撃から保護
します。脅威が検出されると、検出モジュールがブロックし、次に駆除・削除、または移動して隔離す
3
ることにより、ウイルスを排除できます。
インストールの準備
製品インストールの準備のために、以下の手順が推奨されています。
ESET Server Securityの購入後、ESETWebサイト から
.msi
インストールパッケージをダウンロード
します。
ESET Server Securityをインストールするサーバーがシステム要件を満たしていることを確認します。
を管理者アカウントを使用してサーバーにログインします。
ビルトイン管理者アカウントまたはドメイン管理者アカウント(ローカル管理者アカウントが無効
な場合)でインストーラーを実行する必要があります。その他のユーザーには、管理者グループの
メンバーでない限り、十分なアクセス権が与えられません。したがって、ビルトインの管理者ア
カウントを使用する必要があり、ローカルまたはドメイン管理者以外のユーザーアカウントでは、
インストールを正常に完了することができません。
ESET Server Securityの既存のインストールからアップグレードする場合は、設定のエクスポート
能を使用して現在の設定をバックアップすることをお勧めします。
該当する場合は、システムからサードパーティーのウイルス対策ソフトウェアを削除またはアン
インストールします。ESET AV Remover を使用することをお勧めします。ESET AV Removerを使用し
て削除できる他社製のウイルス対策ソフトウェアの一覧については、このKB記事を参照してくださ
い。
Windows Server 2016ESET Server Securityをインストールしている場合は、Microsoftは、Windows
Defender機能をアンインストールし、Windows Defender ATP登録を解除して、複数のウイルス対策
製品がコンピューターにインストールすることが原因で発生する問題を回避することを推奨してい
ます。
Windows Server 2019またはWindows Server 2022ESET Server Securityをインストールしている場合
Microsoftは、Windows Defender機能をパッシブモードにして、複数のウイルス対策製品がコンピュー
ターにインストールすることが原因で発生する問題を回避することを推奨 しています。
ESET Server Securityインストーラーは次の2つのモードで実行できます。
グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)
これは推奨されるインストールウィザードを使用したインストールの種類です。
サイレント / 無人インストール
インストールウィザードの他に、コマンドラインからサイレントでESET Server Securityをインストー
ルできます。
最新バージョンへのアップグレード
古いバージョンのESET Server Securityを使用している場合は、適切なアップグレード方法を選択で
きます。
可能であれば、新規にインストールして設定したOSESET Server Securityをインストールするよう
強くお勧めします。既存のシステムにインストールする必要がある場合は、以前のバージョン
ESET Server Securityをアンインストールし、サーバーを再起動してから新しくESET Server Security
をインストールすることをお勧めします。
4
ESET Server Securityを正常にインストールまたはアップグレードした後には、次の作業を実行します。
製品のアクティベーション
[アクティベーション]ウィンドウ内の特定のアクティベーションシナリオを使用できるかどうかは、
国、および配布方法によって異なります。
一般設定
ESET Server Securityを微調整するには、ニーズに合わせて、各機能の詳細設定を修正します。
システム要件
サポートされるオペレーティングシステム:
Microsoft Windows Server 2022 (Server Core and Desktop Experience)
Microsoft Windows Server 2019 (Server Core and Desktop Experience)
Microsoft Windows Server 2016 (Server Core and Desktop Experience)
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2012
KB4474419 およびKB4490628がインストールされているMicrosoft Windows Server 2008 R2 SP1
(SHA-2必須の互換性をお読みください)
Server Core (Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1, 2012, 2012 R2, 2016)
Windows Server 2008 R2 SP1では、ネットワーク保護コンポーネントのインストールは既定で無効
です(標準インストール)。カスタムインストールを使用して、このコンポーネントをインストー
ルします。
Storage、Small BusinessおよびMultiPointサーバー
Microsoft Windows Storage Server 2016
Microsoft Windows Storage Server 2012 R2
Microsoft Windows Storage Server 2012
Microsoft Windows Server 2019 Essentials
Microsoft Windows Server 2016 Essentials
Microsoft Windows Server 2012 R2 Essentials
Microsoft Windows Server 2012 Essentials
Microsoft Windows Server 2012 Foundation
KB4474419 および KB4490628 がインストールされているMicrosoft Windows Small Business Server
2011 SP1 (x64)
5
Microsoft Windows MultiPoint Server 2012
Microsoft Windows MultiPoint Server 2011
Microsoft Windows MultiPoint Server 2010
Hyper-Vロールでサポートされているホストオペレーティングシステム:
Microsoft Windows Server 2022
Microsoft Windows Server 2019
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 - 仮想マシンはオフライン中にのみ検査できます。
ハードウェア要件は、使用するオペレーティングシステムのバージョンによって異なります。ハードウェ
ア要件の詳細については、Microsoft Windows Server製品のマニュアルを参照することをお勧めします。
Microsoft Serverオペレーティングシステムとサーバーアプリケーションの最新のサービスパック
をインストールしてから、ESETセキュリティ製品をインストールすることを強くお勧めします。ま
た、最新のWindowsアップデートとホットフィックスが利用可能なときには必ずインストールす
ることをお勧めします。
最低ハードウェア要件:
コンポーネント 要件
プロセッサ IntelまたはAMDシングルコアx64
メモリー 256 MBの空きメモリ
ハードドライブ 700 MBの空きディスク領域
スクリーン解像度 800 x 600ピクセル以上
SHA-2は互換性が必要
Microsoftは2019年前半にSecure Hash Algorithm 1 (SHA-1)の廃止予定を発表し、SHA-2への移行を開始しま
した。このため、SHA-1アルゴリズムで署名されたすべての証明書は認識されなくなり、セキュリティア
ラートが表示されます。残念ながら、アルゴリズムに弱点が見つかり、プロセッサのパフォーマンスが
向上し、クラウドコンピューティングが登場したため、SHA-1ハッシュアルゴリズムのセキュリティは時
間の経過とともに安全性が低下しています。
そこで、SHA-2ハッシュアルゴリズム(SHA-1の後継として)が、SSLのセキュリティの持続性を保証する推奨
される方法になりました。詳細については、ハッシュと署名アルゴリズムに関するMicrosoft Docsの記事
をご覧ください。
この変更により、SHA-2をサポートしないオペレーティングシステムでは、ご使用のESETセキュリ
ティソリューションが検出エンジンを含むモジュールを更新できなくなり、最終的にはESET
Server Securityが完全に機能せず、十分な保護を提供できなくなります。
6
Windows Server 2008 R2 SP1またはMicrosoft Windows Small Business Server 2011 SP1を実行している場合は、
システムがSHA-2と互換性があることを確認してください。次のように、特定のオペレーティングシス
テムのバージョンに応じて、パッチを適用します。
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1KB4474419 またはKB4490628を適用します(追加のシステ
ム再起動が必要になる場合があります)
Microsoft Windows Small Business Server 2011 SP1 (x64) KB4474419 およびKB4490628 を適用します
(追加のシステム再起動が必要になる場合があります)
アップデートをインストールしてシステムを再起動したら、ESET Server SecurityGUIを開いてステー
タスを確認します。ステータスがオレンジ色の場合は、もう一度システムを再起動します。ステー
タスが最大の保護を示す緑色になります。
Microsoft Serverオペレーティングシステムとアプリケーションの最新のサービスパックをインス
トールすることをお勧めします。また、最新のWindowsアップデートとホットフィックスが利用
可能なときには必ずインストールすることをお勧めします。
ESET Server Securityのインストール手順
これは、標準のGUIインストールウィザードです。
.msi
パッケージをダブルクリックし、手順に従っ
ESET Server Securityをインストールします。
1. 次へをクリックして続行するか、インストールを終了する場合はキャンセルをクリックします。
2. インストールウィザードは、オペレーティングシステムの地域 > ロケーションホームロケーショ
で指定される言語で実行されます(または古いシステムでは地域と言語 > ロケーション現在のロ
ケーション設定)。ドロップダウンメニューを使用して、ESET Server Securityがインストールされる
品言語を選択します。ESET Server Security用に選択された言語は、インスト-ルウィザードに表示され
る言語とは関係ありません。
7
3. 次へをクリックすると、エンドユーザーライセンス契約が表示されます。エンドユーザーライセン
ス契約とプライバシーポリシーに同意したことを確認した後、次へをクリックします。
4. 使用可能なインストールの種類からいずれかを選択します(選択できるインストールタイプは、オ
ペレーティングシステムによって異なります)。
完了
すべてのESET Server Security機能をインストールします。完全インストールとも呼ばれます。これは、推
奨されるインストールの種類です。Windows Server 2012、2012 R2、2016、2019、Windows Server 2012
Essentials、2012 R2 Essentials、2016 Essentials、2019 Essentialsで使用できます。
8
標準
推奨ESET Server Security機能をインストールします。2008 R2 SP1および2011で使用できます。
コア
このタイプのインストールは、Windows Server Coreエディション用です。インストール手順は、完全イ
ンストールと同じですが、コア機能とコマンドラインユーザーインターフェイスのみがインストールさ
れます。コアインストールは主にWindows Server Coreのユーザー向けですが、任意で標準のWindows
Serverにもインストールできます。コアインストールでインストールされるESETセキュリティ製品に
9
GUIがありません。これは、ESET Server Securityで作業しているときには、コマンドラインユーザーイン
ターフェイスのみ使用できることを意味しています。詳細および他の特殊パラメーターについては、
マンドラインインストールセクションを参照してください。
コマンドライン経由でコアインストールを実行するには、次のサンプルコマンドを使用します。
msiexec /qn /i efsw_nt64.msi ADDLOCAL=_Base
カスタム
システムにインストールされるESET Server Security の機能を選択できます。インストールを開始する前
に、製品モジュールおよび機能の一覧が表示されます。必要なコンポーネントのみを使用して、ESET
Server Securityをカスタマイズするときには有用です。
Windows Server 2008 R2 SP1では、ネットワーク保護コンポーネントのインストールは既定で無効
です(標準インストール)。このコンポーネントをインストールする場合は、カスタムインストー
ルの種類を選択します。
5. ESET Server Securityのインストール先を選択する必要があります。既定では、プログラム
は、
C:\Program Files\ESET\ESET Server Security
にインストールされます。場所を変更するには、[参照]
をクリックします(推奨されません)。
6. インストールをクリックすると、インストールが開始します。インストールが完了すると、ESET
GUIが起動し、アイコン Windows通知領域に表示されます。
設定のエクスポートまたはインストールの削除
設定をエクスポートして保存するか、完全にインストールから削除できます。このためには、初期イン
ストール中に使用した.msiインストーラパッケージを実行するか、プログラムと機能 (Windowsコントロー
ルパネルからアクセス可能)に移動します。ESET Server Securityを右クリックして、変更を選択します。
ESET Server Security設定をエクスポートするか、ESET Server Securityを完全に削除(アンインストール)でき
10
ます。
サイレント / 無人インストール
次のコマンドを実行し、コマンドライン経由でインストールを完了します。 msiexec /i
<packagename> /qn /l*xv msi.log
Windows Server 2008 R2 SP1では、ネットワーク保護機能がインストールされません。
インストールが成功したことを確認するため、またはインストールで問題が発生した場合には、Windows
イベントビューアを使用して、アプリケーションログを確認します(ソースからのレコードを検索:
MsiInstaller)。
64ビットシステムでの完全インストール:
msiexec /i efsw_nt64.msi /qn /l*xv msi.log ADDLOCAL=NetworkProtection,RealtimeProtection,^
DeviceControl,DocumentProtection,Cluster,GraphicUserInterface,SysInspector,SysRescue,Rmm,eula
指定された言語(ドイツ語)での製品のインストール:
msiexec /i efsw_nt64.msi /qn ADDLOCAL=NetworkProtection,RealtimeProtection,^
DeviceControl,DocumentProtection,Cluster,GraphicUserInterface,^
SysInspector,SysRescue,Rmm,eula PRODUCT_LANG=1031 PRODUCT_LANG_CODE=de-de
詳細および言語コードの一覧については、コマンドラインインストール言語パラメーターを参
照してください。
インストールが完了すると、ESET GUIが起動し、アイコン Windows通知領域に表示されます。
11
REINSTALLパラメーターの値を指定するときには、ADDLOCALまたはREMOVEパラメーターの値とし
て使用されない残りの機能をリストする必要があります。コマンドラインインストールを正常に
実行するには、REINSTALLADDLOCAL、およびREMOVEパラメーターの値としてすべての機能をリ
ストする必要があります。REINSTALLパラメーターを使用しない場合は、追加または削除が失敗
する場合があります。
機能の一覧については、コマンドラインインストールセクションを参照してください。
64ビットシステムからの完全削除(アンインストール):
msiexec /x efsw_nt64.msi /qn /l*xv msi.log
アンインストールが成功すると、サーバーが自動的に再起動します。
コマンドラインインストール
次の設定は、ユーザーインターフェイスの簡易基本およびなしレベルで使用されるものです。該当す
るコマンドラインスイッチで使用されるmsiexecバージョンについては、マニュアル を参照してくださ
い。
サポートされているパラメータ:
APPDIR=<path>
path - 有効なディレクトリパス
アプリケーションインストールディレクトリ
例: efsw_nt64.msi /qn APPDIR=C:\ESET\ ADDLOCAL=DocumentProtection
APPDATADIR=<path>
path - 有効なディレクトリパス
アプリケーションデータインストールディレクトリ
MODULEDIR=<path>
path - 有効なディレクトリパス
モジュールインストールディレクトリ
ADDLOCAL=<list>
コンポーネントインストール - ローカルでインストールされる必須以外の機能のリスト。
ESET .msiパッケージで使用: efsw_nt64.msi /qn ADDLOCAL=<list>
ADDLOCALプロパティの詳細について
は、https://docs.microsoft.com/en-gb/windows/desktop/Msi/addlocalを参照してください。
ADDLOCALリストは、インストールされるすべての機能のカンマ区切り値リストです。
インストールする機能を選択するときには、完全パス(すべての親機能を含む)を明示的にリスト
12
に含める必要があります。
REMOVE=<list>
コンポーネントインストール - ローカルインストールしない親 機能
ESET .msiパッケージで使用: efsw_nt64.msi /qn REMOVE=<list>
REMOVEプロパティの詳細について
は、https://docs.microsoft.com/en-gb/windows/desktop/Msi/addlocalを参照してください。
REMOVEリストは、インストールされない(または既存のインストールの場合に削除される)親機能
のカンマ区切りのリストです。
親機能のみを指定するだけで十分です。すべての子機能を明示的にリストに追加する必要はあり
ません。
ADDEXCLUDE=<list>
ADDEXCLUDEリストはインストールされないすべての機能名のカンマ区切り値リストです。
インストールしない機能を選択するときには、パス全体(すべてのサブ機能を含む)と関連する非
表示の機能を明示的にリストに含める必要があります。
ESET .msiパッケージで使用: efsw_nt64.msi /qn ADDEXCLUDE=<list>
ADDEXCLUDEADDLOCALと併用できません。
機能の存在
必須 - 機能は常にインストールされます。
任意 - 機能のインストールを解除できます。
非表示 - 他の機能が正常に動作するために必要な論理機能。
ESET Server Security証明書のリスト
すべての機能名は大文字と小文字を区別します。たとえば、RealtimeProtection
REALTIMEPROTECTIONは同じではありません
機能名 機能の存在
SERVER 必須
RealtimeProtection 必須
WMIProvider 必須
HIPS 必須
Updater 必須
eShell 必須
UpdateMirror 必須
DeviceControl 任意
13
機能名 機能の存在
DocumentProtection 任意
WebAndEmail 任意
ProtocolFiltering 非表示
NetworkProtection 任意
IdsAndBotnetProtection 任意
Rmm 任意
WebAccessProtection 任意
EmailClientProtection 任意
MailPlugins 非表示
Cluster 任意
_Base 必須
eula 必須
ShellExt 任意
_FeaturesCore 必須
GraphicUserInterface 任意
SysInspector 任意
SysRescue 任意
EnterpriseInspector 任意
次の機能のいずれかを削除する場合は、グループに属するすべての機能を指定して、グループ全体を削
除する必要があります。そうしないと、この機能は削除されません。ここには2つのグループがあります
(各行が1つのグループを表す)。
GraphicUserInterface,ShellExt
NetworkProtection,WebAccessProtection,IdsAndBotnetProtection,ProtocolFiltering,MailP
lugins,EmailClientProtection
REMOVEパラメーターを使用し、親機能のみを指定して、ネットワーク保護セクション(子機能を含む)をインストールから除
外します。
msiexec /i efsw_nt64.msi /qn ADDLOCAL=ALL REMOVE=NetworkProtection
あるいは、ADDEXCLUDEパラメーターを使用できますが、すべての子機能を指定する必要があります。
msiexec /i efsw_nt64.msi /qn ADDEXCLUDE=NetworkProtection,WebAccessProtection,IdsAndBotnetProtection,^
ProtocolFiltering,MailPlugins,EmailClientProtection
コアインストールの例:
msiexec /qn /i efsw_nt64.msi /l*xv msi.log ADDLOCAL=RealtimeProtection,Rmm
インストール後にESET Server Securityを自動的に構成する場合は、インストールコマンド内の基本構成パ
ラメーターを指定できます。
ESET Server Security をインストールし、ESET LiveGrid®を無効にする:
msiexec /qn /i efsw_nt64.msi ADDLOCAL=RealtimeProtection,Rmm,GraphicUserInterface CFG_LIVEGRID_ENABLED=0
すべての構成プロパティのリスト:
スイッチ 値
CFG_POTENTIALLYUNWANTED_ENABLED=1/0 0 - 無効、1 - 有効
CFG_LIVEGRID_ENABLED=1/0 0 - 無効、1 - 有効
14
スイッチ 値
FIRSTSCAN_ENABLE=1/0 0 - 無効、1 - 有効
CFG_PROXY_ENABLED=0/1 0 - 無効、1 - 有効
CFG_PROXY_ADDRESS=<ip> プロキシIPアドレス。
CFG_PROXY_PORT=<port> プロキシポート番号。
CFG_PROXY_USERNAME=<user> 認証用のユーザー名
CFG_PROXY_PASSWORD=<pass> 認証のパスワード
言語パラメーター: 製品言語(両方のパラメーターを指定する必要があります)
スイッチ 値
PRODUCT_LANG= LCID数値(ロケールID)。例: 1033 (English - United States)。言語コードの一覧 を参
照してください。
PRODUCT_LANG_CODE= 小文字のLCID文字列(言語カルチャー名)。例: en-us (English - United States)。言語
コードの一覧 を参照してください。
製品のアクティベーション
インストール完了後、製品のアクティベーションが求められます。
ESET Server Securityをアクティベーションするには、次の方法を使用できます。
ライセンスキーを入力
XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXの形式の一意の文字列。ライセンス所有者を識別し、ライセンスをアクティ
ベーションするために使用されます。
1 / 1