Wacker Neuson BPU 2540A US ユーザーマニュアル

ブランド
Wacker Neuson
モデル
BPU 2540A US
タイプ
ユーザーマニュアル
取扱説明書
バイブレーションプレート
BPU
2540、3050、3750
型式 BPU
文書 5000203079
エディション
08.2018
バージョン
12
言語 日本語
100_0000_0001.fm
Copyright © 2018 Wacker Neuson Produktion GmbH & Co. KG
Printed in Germany
断複製、転載を禁じます。特に世界的に適用される著作権、複製権および頒布権を有します。
受領者はこの印刷物を本来の目的にのみ使用するものとします。事前の書面による承認なく、これを
いかなる方法でも全部または一部を複製または翻訳することは禁止されています。
版まは翻(一部においても)はWacker Neuson Produktion GmbH & Co. KG の書面による許可が
ある場合に限ります。
著作権保護を始めとする法的規制に対するいかなる違反も民事および刑事で起訴されます。
Wacker Neuson Produktion GmbH & Co. KG は技術開発において常に改良に努めています。そのため、
この文書の図および記述に関する変更がある場合があります。この場合、既に納品されたマシンにお
ける変更の義務を負いません。
誤字はこの限りではありません。
表紙のマシンには特別装備品 ( オプション ) が含まれることがあります。
製造者
Wacker Neuson Produktion GmbH & Co. KG
Wackerstraße 6
D-85084 Reichertshofen
www.wackerneuson.com
Tel.: +4984533403200
E メール : service-[email protected]om
取扱説明書原本
索引
5000203079IVZ.fm 3
1 はじめに ........................................................................5
2 はじめに ........................................................................6
2.1 取扱説明書の使用 .................................................................. 6
2.2 取扱説明書の保管場所 .............................................................. 6
2.3 事故防止規定 ...................................................................... 6
2.4 その他の情報 ...................................................................... 6
2.5 対象 .............................................................................. 6
2.6 記号の説明 ........................................................................ 6
2.7 Wacker Neuson 窓口 ................................................................ 7
2.8 免責事項 .......................................................................... 7
2.9 マシンの識別 ...................................................................... 7
3 安全 ............................................................................8
3.1 原則 .............................................................................. 8
3.2 操作者(経営者)の責任 ............................................................ 8
3.3 操作者(経営者)の義務 ............................................................ 9
3.4 従業員の資格 ...................................................................... 9
3.5 一般的な危険源 .................................................................... 9
3.6 一般的な安全に関する情報 .......................................................... 9
3.7 特殊な安全に関する情報 ........................................................... 10
3.8 一般的な安全に関する情報 - 内燃機関 .............................................. 11
3.9 一般的な安全に関する情報 - 燃料 .................................................. 11
3.10 保守整備 ......................................................................... 11
3.11 身体の保護装備 ................................................................... 12
3.12 保護装置 ......................................................................... 13
3.13 危険な状態での行 ............................................................... 13
4 安全・情報ラベル ...............................................................14
5 構造と機能 .....................................................................16
5.1 納品時 ........................................................................... 16
5.2 使用範囲 ......................................................................... 16
5.3 概要 ............................................................................. 16
6 コンポーネントおよび操作要 ...................................................17
6.1 コンポーネント ................................................................... 17
6.2 操作要素 ......................................................................... 18
7 輸送 ...........................................................................19
7.1 積み込みと輸送 ................................................................... 19
7.2 工事現場のマシンの輸送 ........................................................... 20
8 操作と運転 .....................................................................21
8.1 運転開始前に ..................................................................... 21
8.2 操作に関する情報 ................................................................. 21
8.3 稼働 ............................................................................. 22
8.4 操作 ............................................................................. 23
8.5 運転停止 ......................................................................... 23
9 保守整備 .......................................................................24
9.1 メンテナンス表 ................................................................... 25
9.2 メンテナンス作業 ................................................................. 25
10 故障除去 .......................................................................30
10.1 故障表 ........................................................................... 30
Inhalt
索引
4 5000203079IVZ.fm
11 アクセサリー ................................................................... 31
12 技術データ ..................................................................... 32
12.1 BPU2540、3050.................................................................... 32
12.2 BPU3750.......................................................................... 33
12.3 内燃機関......................................................................... 34
EC 合宣言書 ............................................................ 35
DIN EN ISO 9001 認定証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
1 はじめに
100_0000_0002.fm 5
1は
この取扱説明書には、この Wacker Neuson マシンの安全、適切、経済的な操作に関する重要情報およ
び手順が含まれています。これを熟読、理解、遵守することで、危険回避や修理費やダウンタイム削
減に寄与します。また、これによりマシンの動作可能時間および耐用年数の延長に役立ちます。
この取扱説明書はメンテナンスおよび修理作業の包括的説明書ではありません。このような作業
Wacker Neuson サービスまたは認定有資格者により実施される必要があります。 Wacker Neuson マシ
ンはこの取扱説明書の記載に即して操作・メンテナンスする必要があります。不適切な操作またはメ
ンテナンスは危険をもたらす恐れがあります。そのため、取扱説明書は常にマシンが動作する場所に
置いて利用できるようにする必要があります。
欠陥のあるマシン部品はすぐに交換する必要があります。
操作またはメンテナンスに関するご質問については、 Wacker Neuson 担当者が常時対応します。
2 はじめに
6 100_0000_0013.fm
2は
2.1 取扱説明書の使用
この取扱説明書はマシンの一部と見なし、マシンの耐用年中は確実に保管する必要があります。この
取扱説明書は、このマシンの後継使用者または使用者に譲渡する必要があります。
2.2 取扱説明書の保管場所
この取扱説明書はマシンの構成要素であり、マシンのすぐ側に保管して従業員がいつでも手に取れる
ようにする必要があります。
この取扱説明書を紛失した場合または 2 冊目の同説明書が必要な場合は、次の 2 つの選択肢がありま
す:
n インターネットからダウンロード - www.wackerneuson.com
n Wacker Neuson 窓口に問い合わせ。
2.3 事故防止規定
この取扱説明書の情報および安全に関する情報に加え、現地の事故防止規定および国内の労働安全衛
生規則が適用されます。
2.4 その他の情報
この取扱説明書は製品シリーズの複数の型式のマシンに適用されます。このため、外観を示す図では
購入されたマシンと異なる場合があります。また、納品時に同梱されない、特定の型式用コンポーネ
ントがあります。
この取扱説明書に含まれる情報は、これが印刷される前までに製造されたマシンを基にしていま
す。Wacker Neuson は当該情報を予告なく変更する権利を有します。
この取扱説明書に対して製造者側から考えられる変更および補完は、即時かつ確実に行われなければ
なりません。
2.5 対象
このマシンを使用して作業する人物は、マシン関連の危険について定期的に研修を受ける必要があり
ます。
この操作説明書は次の人物を対象としています:
操作者:
この人物はマシンに関する指導を受け、不適切な行動に起因して生じる可能性のある危険について情
報を得ています。
認定有資格者:
この人物は専門的な職業研修を受け、追加知識、経験を有します。この人物は、伝達された情報を判
別し、考えられる危険を認識する立場にあります。
2.6 記号の説明
この操作説明書には、特にこのカテゴリーで強調される安全に関する情報が含まれています:危険、
警告、注意および情報
このマシンで作業をする前に、必ず情報と安全に関する情報を読んで理解しておく必要があります。
この取扱説明書の情報と安全に関する情報のすべては、メンテナンス・修理・輸送担当者にも伝達さ
れる必要があります。
危険
この記号と信号語の組み合わせは、それが避けられなかった場合に死亡または重傷を招
く状況を示しています。
警告
この記号と信号語の組み合わせは、それが避けられなかった場合に死亡または重傷を招
く恐れがある状況を示しています。
2 はじめに
100_0000_0013.fm 7
2.7 Wacker Neuson 窓口
Wacker Neuson 窓口は国により Wacker Neuson サービス、Wacker Neuson 子会社または Wacker Neuson
販売店となります。
インターネットでは www.wackerneuson.com をご覧ください。
製造者の住所はこの取扱説明書の始めにあります。
2.8 免責事項
以下の違反があった場合、Wacker Neuson は一切の人的・物的損害に対して責任を負いません:
n この取扱説明書の不遵守。
n 用途外の使用。
n 訓練を受けていない者の使用
n 認定されない交換部品およびアクセサリー部品の使用。
n 不適切な操作。
n あらゆる構造上の変更。
n 「一般取引条件」の不遵守。
2.9 マシンの識別
型式プレートのデータ
型式プレートにはこのマシンを明確に識別する情報が含まれています。この情報は、交換部品の注文
および技術的問題点の照会時に必要です。
n マシン上に示された情報を次の表に記入してください:
注意
この記号と信号語の組み合わせは、それが避けられなかった場合に軽度の負傷およびマ
シン損傷を招く恐れがある状況を示しています。
情報
補完情報。
名称 記入欄
グループと型式
製造年
マシン番号
バージョン番号
商品番号
3安
8 100_0202_si_0011.fm
3安
3.1 原則
技術の状態
マシンは最新の技術的状態および公認安全技術規則に基づき製造されています。それでも、使用時に
は操作者または第三者の生命の危険、または車両やその他の物体の損傷を招くことがあります。
使用目的
マシンは次の目的でのみ使用してください:
n 地面の締固め。
n アスファルトの締固め。
n 敷石。
マシンを次の目的で使用しないでください:
n 粘性の高い土壌の締固め。
n 凍結した地面の締固め。
n 硬く圧縮できない地面の締固め。
n 支持力のない地面の締固め。
用途に則った使用には、この取扱説明書の情報および安全に関する情報の遵守、上記のメンテナンス
に関する注意事項の遵守が含まれます。
その他の使用は、用途に則った使用とは見なされません。これにより生じる損害について、製造者は
一切の保証および責任を免れます。危険は操作者のみが負います。
構造上の変更
構造上の変更は、書面による製造者の承認なく実施することはできません。許可されない構造上の変
更により、当該マシンによる操作者および / または第三者に対する危険、並びにマシン損傷の恐れが
あります。
許可されない構造上の変更があった場合も、同様に製造者は一切の保証および責任を免れます。
構造上の変更には次の事例があてはまります:
n マシンを開ける、または構造部品を長期にわたって取り外す。
n Wacker Neuson 製ではない交換部品または製造法や品質が純正部品と同等ではない交換部品の取り
付け。
n Wacker Neuson 製ではないあらゆるアクセサリーの取り付け。
Wacker Neuson 製で安全に取り付けられる交換部品またはアクセサリーは、インターネッ
www.wackerneuson.com をご覧ください。
3.2 操作者(経営者)の責任
操作者(経営者)とはこのマシンを事業または商業上の目的で自ら使用するか、第三者に使用を委託
する者で、運転中は従業員または第三者の保護に関する法的製品責任を負います。
操作者(経営者)は従業員が取扱説明書をいつでも手に取れるようにし、操作者がこの取扱説明書を
読んで理解しておくよう指示を出す必要があります。
この取扱説明書は、マシンの側または使用場所でいつでも手に取れるように保管する必要がありま
す。
操作者(経営者)は他のマシン操作者または後継のマシン所有者にこの取扱説明書を譲渡する必要が
あります。
また、事故防止や環境保護に関する国特有の規則、基準および指針も遵守する必要があります。この
取扱説明書は、操作上および官公庁・国の安全指針または普遍的な安全規則を考慮し、追加指示を補
完する必要があります。
情報
この取扱説明書の情報および安全に関する情報を読み、遵守してください。この取扱説
明書の指示の遵守する際にこれを怠ると、感電、やけどおよび / または重傷、マシン損
傷および / または他の物体の損傷の原因となることがあります。安全に関する情報と情
報は今後のために保存してください。
3安
100_0202_si_0011.fm 9
3.3 操作者(経営者)の義務
n 適用される安全衛生規則を認識し、実行してください。
n 危険性評価では、使用場所の労働条件により生じる危険を検知してください。
n このマシンの操作に関する取扱指示を作成してください。
n この取扱指示が指針の最新状態に対応しているか、定期的に確認してください。
n 操作、故障除去、メンテナンス、清掃に関する担当を明確に規定および確定してください。
n 従業員に定期的に訓練を受けさせ、考えられる危険について情報を提供してください。
n 従業員に必要な保護装備を準備してください。
3.4 従業員の資格
このマシンは訓練を受けた従業員のみ運転・操作できます。
訓練を受けていない従業員による不正使用、誤使用または操作があった場合、操作者および / または
第三者への健康上のリスク、並びにマシンの損傷または全機能不全を招きます。
さらに操作者に適用される前提条件:
n 心身ともに健康な者。
n ドラッグ、アルコールまたは医薬品の影響下にない者。
n この取扱説明書の安全に関する情報に精通している者。
n このマシンの使用目的に精通している者。
n このマシンの操作可能年齢の下限は 18 歳です。
n マシンの自律的操作操作について指導を受けた者。
n マシンおよびシステムを安全技術基準に則り、自立的に操作する権限を有する者。
3.5 一般的な危険源
残存危険性は、特に安全基準を満たした構造であってもマシンを取り扱う際に取り除くことはできま
せん。
この残存危険性は明示的には認識できませんが、負傷または健康被害の可能性がある源です。
予期しない残存危険性が生じた場合、マシンの操作をすぐに停止し、担当の上司に連絡する必要があ
ります。当該人物がその後の決定をし、生じた危険を除去するために必要な対策を講じます。
必要であれば、マシン製造者に連絡する必要があります。
3.6 一般的な安全に関する情報
この取扱説明書の安全に関する情報には、この注意事項で適用される基準に則って遵守すべき「一般
的な安全に関する情報」が含まれています。このマシンには関係のない情報が含まれている場合があ
ります。
3.6.1 作業環境
n 作業の開始前に、作業環境を詳しく知ってください。例:地面の支持力または周辺の障害物。
n 作業区域の公共交通区域について安全を確保してください。
n 壁および天井について必要な安全の確保。例:溝の中。
n 作業区域は整理整頓した状態を保ってください。無秩序または照明のない作業区域は事故が発生
する恐れがあります。
n 爆発の危険がある環境でこのマシンを使用して作業することは、禁止されています。
n このマシンで作業をする際は、子供や他の人物を遠ざけてください。方向転換により、マシンの
制御が失われる恐れがあります。
n マシンを常に傾き、転がり、滑り落ち、転落から保護する必要があります。負傷の危険!
3.6.2 サービス
n マシンは認定有資格者によってのみ修理またはメンテナンスされる必要があります。
n 純正交換部品およびアクセサリー部品のみ使用してください。これにより、マシンの操作安全性
が保たれます。
3安
10 100_0202_si_0011.fm
3.6.3 身体の安全
n ドラッグ、アルコールまたは医薬品の影響下で作業を行うと、重傷を負うことがあります。
n 作業時は必ず適切な保護装備を着用してください。適切な保護装備により負傷の危険が大幅に低
減されます。
n マシンの運転を開始する前に、工具を取り除いてください。マシンの回転部にある工具が飛び出
し、重傷を負うことがあります。
n 必ず安全距離を遵守してください
n このマシン使用して長時間作業する場合、振動に関連する長時間の障害を完全に排除することは
できません。振動測定用工具については、
技術データ
を参照してください。
n 適切な衣服を着用してください。幅広または余裕のある衣服、手袋、装飾品および長髪は稼働 /
転する機械部から遠ざけてください。巻き込みの危険!
n 危険区域に他の人物がいないことを確認してください!
3.6.4 取扱いと使用
n マシンは丁寧に扱ってください。マシン、そのコンポーネントまたは操作要素が故障している場
合は、運転を開始しないでください。故障したコンポーネントまたは操作要素は、すぐに交換し
てください。欠陥のあるコンポーネントまたは操作要素を含むマシンには、高い負傷の危険が潜
んでいます!
n マシンの操作要素を許可なく固定、改造または変更することは禁止されています。
n マシン、アクセサリー、工具などはこの指示に従って使用してください。
n 使用しないマシンは子供が近づかない場所に適切に保管してください。マシンは権限のある従業
員のみ操作できます。
n 操作後に冷めたマシンは、鍵のかかる清潔で凍結しない乾燥した場所に保管してください。また、
この保管場所に他の人物や子供が立ち入らないようにしてください。
3.7 特殊な安全に関する情報
3.7.1 外部からの影響
バイブレーションプレートは次の外部影響がある場合に運転しないでください:
n 傾斜地で強い雨が降っている場合。滑り落ちの危険!
n 油田のある環境 - 土壌からメタンガスが発生している場合。爆発の危険!
n 乾燥した引火しやすい植物がある場合。火災の危険!
n 爆発の危険がある環境。爆発の危険!
3.7.2 操作上の安全
n マシンを操作する際、ガス管や水道管または電線、配管を破損しないように注意してください。
n マシンをトンネルまたは密閉された室内で運転しないでください。
n 溝や傾斜地の付近では特に注意してください。転落の危険!
n マシンの操作時は、所定の操作位置を離れないでください。
n マシンから目を放して運転しないでください。負傷の危険!
n 作業区域は余裕をもって制限し、権限のない人物が立ち入らないようにしてください。負傷の危
険!
n このマシンの操作者は、作業区域に人が立ち入っている場合にマシンから最低 2 メートルの距離を
おくよう注意する必要があります
n エンジン始動スプレーを使用しないでください。これにより、逆火やエンジンが損傷する恐れが
あります。火災の危険!
n 傾斜地でマシンを操作する場合は、必ず下から上りはじめ、常にマシンの上方が斜面に立ってい
るようにしてください。マシンが滑り落ちたり転倒する恐れがあります。
n マシンの最大許容傾斜角度を超過しないでください - エンジン潤滑が停止する可能性があります。
チャプター
技術データ
を参照してください。
3.7.3 安全距離
建造物の付近での締固め作業により、建造物が破損する恐れがあります。このため、まず周辺の建造
物について考えられるあらゆる作用や振動を確認する必要があります。
振動による近隣地域の侵害に関する測定、評価、低減に関する規定や指針、特に DIN 4150-3 を遵守
する必要があります。
建造物に対するいかなる損害も Wacker Neuson は負いません。
3安
100_0202_si_0011.fm 11
3.8 一般的な安全に関する情報 - 内燃機関
次の情報に注意を払う必要があります:
n 作業を開始する前に、マシンの燃料経路、タンク、タンクの蓋に漏れや割れがないか、確認して
ください。
n 故障したエンジンを運転しないでください。破損した部品はすぐに交換してください。
n 事前設定されたエンジン回転数を調整しないでください。エンジンが損傷する恐れがあります。
n エンジンの排ガス装置にごみが溜まっていないことを確認してください。火災の危険!
n 給油の前に、エンジンを停止して冷ましてください。
n 正しい種類の燃料を使用してください。燃料を他の液体と混合しないでください。
n 給油の際は、清潔な給油補助具を使用してください。燃料をこぼさないでください。こぼれた燃
料はすぐに拭き取ってください。
n こぼれた燃料の側でエンジンを始動しないでください。爆発の危険!
n 一部が密閉された室内で操作する場合は、十分に換気・通気をしてください。排気ガスを吸い込
まないでください。中毒の危険!
n エンジン表面および排ガス装置はわずかな時間で非常に高温になります。やけどの危険!
3.9 一般的な安全に関する情報 - 燃料
次の情報に注意を払う必要があります:
n 燃料を取り扱う際は、必ず保護メガネと保護手袋を着用してください。作動油、燃料、オイルま
たはクーラントが目に入った場合は、すぐに医師に相談してください。
n 燃料が直接皮膚に接触しないようにしてください。すぐに皮膚を水とせっけんで洗ってください。
n 燃料を扱う作業中は、飲食をしないでください。
n 水などで汚れた作動油または燃料により、マシンの消耗や故障が早まることがあります。
n 流れ出たりこぼれたりした燃料は、環境保護のため適用される規則に則り廃棄してください。
n 燃料がマシンから漏れている場合は、マシンを停止しすぐに Wacker Neuson 窓口に修理を依頼して
ください。
3.10 保守整備
次の情報に注意を払う必要があります:
n このマシンを電源が入った状態で整備・修理・設定・清掃しないでください。
n メンテナンスの間隔を遵守してください。
n メンテナンスまたは修理の後、このマシンに再度保護装置を取り付けてください。
n メンテナンス計画を遵守してください。記載されていない作業については、Wacker Neuson 窓口の
サービスが実施します。
n 摩滅または破損したマシン部品はすぐに交換してください。Wacker Neuson の交換部品のみ使用し
てください。
n マシンを清潔に保ってください。
n 破損、損傷または読めない安全ラベルはすぐに交換する必要があります。安全ラベルには操作者
の保護に関する重要情報が含まれています。
n メンテナンス作業は、清潔かつ乾燥した環境で実施する必要があります(例:整備工場)
情報
このマシンは EPA 認定エンジンを装備しています。
回転数を調整すると、 EPA 認定および大気汚染に影響を及ぼします。このエンジンの設
定は専門家によってのみ実施してください。
詳細情報については、エンジン製造者または Wacker Neuson 窓口にお問い合わせくださ
い。
3安
12 100_0202_si_0011.fm
3.11 身体の保護装備
情報
このマシンの取り扱い時の負傷を回避するには、このマシンで作業する際に身体の保護
装備を着用する必要があります。
ピクトグラム 意味 説明
安全保護靴を着用してください! 安全保護靴は、押しつぶしや部品の落下、滑りやす
い足元での転倒を防ぎます。
保護手袋を着用してください! 保護手袋は、すり傷、切り傷、刺し傷、高温表面か
ら保護します。
聴覚保護具を使用してください! 聴覚保護具は永続的な難聴を防ぎます。
情報
このマシンに関して、国固有の許容騒音レベル(人に対する評価)を超える場合があり
ます。そのため、聴覚保護具を着用してください。騒音による侵害の正確な値について
は、チャプター
技術データ
を参照してください。
聴覚保護具を使用して作業する際は、叫び声や信号音などの音が制限されて知覚される
ため、特に注意して慎重に作業してください。
Wacker Neuson は常に聴覚保護具を着用することを推奨します。
3安
100_0202_si_0011.fm 13
3.12 保護装置
保護装置はこのマシンの使用者をさらされている危険から保護するものです。これにはバッテリー
(分離型保護装置)またはその他の技術的措置が含まれます。これにより、使用者が危機を回避でき
ます。危険源は特定の状況で遮断されます。例:危険の低減。
このマシンには次の保護装置があります:
3.13 危険な状態での行動
予防措置:
n 常に事故に対して準備をしてください。
n 応急処置用品をすぐに使用できる状態に保ってください。
n 事故通知、応急処置、救急設備に関して従業員に習熟させてください。
n 救急車両の進入路を確保してください。
n 応急処置について従業員に研修を行ってください。
緊急時の措置
n マシンをすぐに停止してください。
n 負傷者および他の人物を危険区域から連れ出してください。
n 応急措置に取り掛かってください。
n 救急隊員に通報してください
n 救急車両の進入路を確保してください。
n 使用場所の責任者に連絡してください。
位置 説明 位置 説明
1 V 字ベルト保護具 2 排ガス装置の接触保護具
情報
緩んだネジ接続は常に上記の締め付けトルクで固定してください
1
2
4 安全・情報ラベル
14 100_0202_ls_0012.fm
4 安全・情報ラベル
マシン上には次のラベルが貼られています:
警告
読めない記号
時間の経過とともに、マシン上のラベルおよび標識は汚れるか他の要因により認識でき
なくなります。
n すべてのマシン上の安全・操作手順はよく読める状態に保ってください。
n 損傷したラベルおよび標識はすぐに除去してください。
位置 ラベル 説明
1 けがや健康被害を回避するため、身体保護装備を使用してください:
n 聴覚保護具
n 取扱説明書をお読みください。
2 落下するマシンにより重傷となる恐れがあります。
n マシンは中央懸架装置の検査済み持ち上げ装置およびスリング
(安全荷重フック)でのみ持ち上げてください。
n マシンを中央懸架装置のバケットで持ち上げないでください。
3 保証された音響パワーレベル。
4 不適切な操作により、深刻なエンジン損傷がもたらされる恐れがあり
ます。
n 内蔵駆動装置を使用する際は、必ずエンジンを切ってください。
エンジン作動時は、輸送位置のエンジン潤滑が保証されません。さら
に、クランクケース換気装置からオイルが漏れる危険があります。
5 落下するマシンにより重傷となる恐れがあります。
n マシンをスイッチブラケットまたは牽引バーで持ち上げないでく
ださい。
6 火災の危険。
喫煙および裸火は禁止です。
1、10
2
3
4、10
5、1186、9
7、10
0219175
0219260
0
2
2
0
0
0
0
0
2
1
9
1
8
1
4 安全・情報ラベル
100_0202_ls_0012.fm 15
7 高温表面の警告。
8 開始 - 停止。
9 米国向けマシン 危険。
10 米国向けマシン 警告。
11 米国向けマシン 注意。
位置 ラベル 説明
0219259
0218955
DANGER
GEFAHR
PELIGRO
DANGER
0219178
WARNING
WARNUNG
ADVERTENCIA
ADVERTISSEMENT
0219176
CAUTION
VORSICHT
ATENCIÓN
ATTENTION
0219262
5 構造と機能
16 100_0202_sf_0013.fm
5 構造と機能
5.1 納品時
マシンは完全に組み立てられて納品され、開梱後の運転準備が整っています。
納品時同梱物:
n バイブレーションプレート
n 取扱説明書
5.2 使用範囲
バイブレーションプレートは地面の締固め用で、造園、農業、土木工事、道路工事、ブロック舗装に
使用されます。
5.3 概要
バイブレーションプレートは、これを搭載したマシンにより地面を締固めます。
締固めに必要な振動は、基礎プレートに固定された起振装置により発生します。この起振装置は、制
御振動を使用した中央振動装置として設計されています。この原理により、偏心錘の回転を介して振
動方向を変更できます。
これにより、前進、停止、後進時の締固めの無段階移行が可能になります。この工程は牽引バーヘッ
ドのスイッチブラケットで油圧的に操作されます。
アッパーマスに固定された駆動モーターが起振装置を作動させます。トルクは遠心クラッチと起振装
置の V ベルトにより、しっかり伝達されます。
遠心クラッチはエンジン回転数が低い場合、起振装置への力の流れを中断し、これにより駆動モー
ターの適切なアイドリングを可能にします。
駆動エンジンの回転数をアクセル制御レバーで無段階に遠隔制御できます。アッパーマスおよびアン
ダーマスは振動を吸収する 4 つのゴムメタル緩衝装置により相互に連結しています。この減衰によ
り、アッパーマスへの非常に高い周波の伝達を回避します。これにより、駆動モーターの機能は高い
圧縮力でも保持されます。
駆動モーターはりコイルスターターにより始動します。
燃焼用空気はエアーフィルターを介して吸入されます。
6 コンポーネントおよび操作要素
100_0202_cp_0010.fm 17
6 コンポーネントおよび操作要素
6.1 コンポーネント
中央懸架装置
中央懸架装置はマシンの持ち上げ用です。これはマシンの中心にあり、90° 回転させて取り付けられ
ます。
内蔵駆動装置
工事現場への輸送時に、マシンに内蔵された駆動装置を使用できます
蹴板
マシンを工事現場へ輸送する際、蹴板を使用するとマシンを容易に傾斜できます。
位置 名称 位置 名称
1 駆動エンジン 6 燃料タンク
2 アッパーマス 7 保護フレーム
3 アンダーマス 8 内蔵駆動装置
4 牽引バー 9 蹴板
5 中央懸架装置 10 型式プレート
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
6 コンポーネントおよび操作要素
18 100_0202_cp_0010.fm
6.2 操作要素
マシンの操作要素ディスプレイは常に清潔かつ乾燥した状態で、油脂で汚れないようにしてくださ
い。
オン / オフスイッチ、スロットルレバーなどの操作要素を許可なく固定、変更することは禁止されて
います。
スイッチブラケット
スイッチブラケットは速度および走行方向の無段階制御用です。
アクセル制御レバー
駆動エンジンの回転数をアクセル制御レバーで無段階に遠隔制御できます。
牽引バー固定具
牽引バー固定具は牽引バーを垂直に保持します。牽引バーを再度作業位置にするには、牽引バー固定
具を手で左に押してください。
位置 名称 位置 名称
1 スイッチブラケット 3 スターターロープ
2 アクセル制御レバー 4 牽引バー固定具
1
2
4
3
7輸
100_0202_tr_0013.fm 19
7輸
7.1 積み込みと輸送
準備の実施
積み込みおよび輸送時、牽引バーを牽引バー固定具でロックし、牽引バーが直立した状態で固定する
必要があります。
マシンの持ち上げと固定
警告
不適切な操作により、負傷または重大な物的損傷を招く恐れがあります。
n この取扱説明書の安全情報を読み、これに従ってください。
危険
落下による危険。
マシンの落下により重傷を招く恐れがあります。例:押しつぶしによる。
n 十分な耐荷重を有し適合する、検査済み持ち上げ装置およびスリング(安全荷重フッ
ク)のみ使用してください。
n マシンは中央懸架装置でのみ持ち上げてください。
n マシンを持ち上げ装置に確実に固定してください。
n マシンを中央懸架装置のバケットまたはフォークリフトを使って持ち上げないでくだ
さい。
n マシンをスイッチブラケットで持ち上げないでください。
n 持ち上げ時は危険区域を離れてください。吊り下げられた荷物の下に留まらないでく
ださい。
警告
燃料による火災および爆発の危険。
こぼれた燃料が引火し、重度の火傷を負う恐れがあります。
n マシンは直立状態で持ち上げ、輸送してください。
情報
Wacker Neuson は輸送の前に燃料タンクを空にすることを推奨します。
情報
安全に持ち上げを進めるため、専門知識のある作業指揮者を決定してください。
7輸
20 100_0202_tr_0013.fm
1. マシンの持ち上げ時には、中央懸架装置の適合するスリングで吊り下げてください。
2. マシンを慎重に、積載力のある安定した輸送装置に積み込んでください。
積み込み後、輸送装置上のマシンの転がりや滑り落ち、転倒を防ぐため、マシンを固定します。その
際、所定の固定箇所で固定してください。
7.2 工事現場のマシンの輸送
1. マシンの運転を停止してください
2. 牽引バーを直立位置で固定してください。
3. マシンをスイッチブラケットに固定して蹴板に足を載せ、操作者側に傾けます。
4. マシンを引くか押すかして、前進させてください。
位置 名称
1 中央懸架装置
情報
内蔵の駆動装置を使用する際は、エンジンを完全に停止する必要があります。エンジン
作動時は、輸送位置のエンジン潤滑が保証されません。これにより、重大なエンジン損
傷を招く恐れがあります。さらに、クランクケース換気装置からオイルが漏れる危険が
あります。
1
/

このマニュアルはにも適しています