HP 300s+ Scientific Calculator 取扱説明書

ブランド
HP
カテゴリー
ウォーターポンプ
モデル
300s+ Scientific Calculator
タイプ
取扱説明書
HP 300s+ 関数電卓
ユーザ ガイ
Juniper.book Page 1 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
© Copyright 2012 Hewlett-Packard Development
Company, L.P.
本書の内容は、 将来予告な に変更 があ す。 本情
報の内容は、 将来予告 変更 す。
HP
品お 関す 保証は、当該製品サー に付
属の保証規定に明示的に記載 れて のに れま本書
のいかな内容、当該保証に新たに保証追加す はあ
せん 本書記載 製品情報は、 日本国販売
れていない含まれて合が ます。本報の容に
は万全 すが、本情報の技術的
校正上の誤 省略 責任かね ご了承
さい
初版
2012 9
製品番号
697635-291
Juniper.book Page 2 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
i
のガ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
関数電卓の初期化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
安全に関す注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
廃棄す場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
の他の注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
関数電卓使用す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
画面に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
ル表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
計算 ッ ト プ . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
計算 の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
関数電卓の ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
入力式お 計算結果の表示形式の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
角度単位の初期値の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
表示桁数の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
計算結果の表示例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
分数の表示形式の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
統計の表示形式の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
小数点の表示形式の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
計算 の他の設定の初期化 . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
計算式お 数値の入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
標準形式に 計算式の入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
一般的関数の入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
乗算記号の省略 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
計算式末尾の閉 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
長い計算式の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
入力文字数 (バイ ト 数) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
計算式の訂正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
挿入 ド と上書 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
入力直後の文字 たは関数の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
文字は関数の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
計算の訂正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
計算式への文字の挿入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
位置の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
自然表示形式入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
自然表示形式 関数 記号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
自然表示形式 入力例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
関数内への数値の取 込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
無理数形式の計算結果の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . 16
目次
Juniper.book Page i Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
ii
基本的計算 COMP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
四則演算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
小数点以下桁数固定 有効桁数指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
計算式末尾の閉 の省略 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
分数計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
仮分数 帯分数 の切 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
分数 小数 の切 え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
パー 計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
度分秒 60 進数) の計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
60
進数の入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
60
進数の計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
60
進数 10 進数 の変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
ト メ の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
計算履歴 機能の使用
COMP. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
計算履歴 の内容の呼び出 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
各種 の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
の名前 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
アン メモリ (Ans. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
独立 M . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
変数 A BC D EF XY . . . . . . . . . . . . . 27
すべ の内容の消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
関数計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
円周率 π 自然対数の底 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
三角関数お 逆三角関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
双曲線関数び逆双曲線関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
入力値角度単位の初期値に換す . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
指数関数 対数関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
乗関数 乗根関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
直交座標お 極座標間の変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
極座標 Pol への変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
直交座標 Rec への変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
最大公約数び最小公倍数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
整数お 最大整数関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
除算の商 り . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
約分関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
機能の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
単位換算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
RanInt
(整数乱数). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
の他の関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
階乗 ! . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
絶対値計算 Abs . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
乱数 Ran#. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
順列 nPr び組み合わせ nCr . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
Juniper.book Page ii Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
iii
丸め関数 Rnd . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
表示形式の変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
工学指数表示の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
S-D
変換の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
S-D
変換が可能形式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
S-D
変換の例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
統計計算 STAT. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
統計計算の種類の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
統計計算の種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
STAT
ィ タ画面の標本デ の入 . . . . . . . . . . . . 42
STAT
ィ タ画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
FREQ
(頻度) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
STAT
ィ タ画面の標本デ の入力規則 . . . . . . . . 43
STAT
ィ タ画面の入力に 注意 . . . . . . . . . . 43
標本デ の保持に注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
標本デ の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
行の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
行の挿入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
STAT
ィ タのすの内容の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . 44
STAT
演算画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
STAT
ーの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
STAT
ーの項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
一変数 1-VAR 統計計算の ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
Sum
サブ STAT Sum)) . . . . . . 46
Var
サブ STAT Var)) . . . . . . . . 46
MinMax
サブ
STAT MinMax)) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
一変数統計演算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
直線回帰計算 A+Bx 選択時の . . . . . . . . . . . . . . . 48
Sum
サブ STAT Sum)) . . . . . . 49
Var
サブ STAT Var)) . . . . . . . . 50
MinMax
サブ
STAT MinMax)) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
Reg
サブ STAT Reg)) . . . . . . . 50
2
次回帰計算 _+CX 選択時の . . . . . . . . . . . . . . . 53
Reg
サブ STAT Reg)) . . . . . . . 54
の他の回帰計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
使用上の . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
方程式計算 EQN . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
関数式かの数値ル生成 TABLE. . . . . . . 68
数値ル生成の操作の流れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
登録 関数式の種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
開始値、 終了値、 値の入力規則 . . . . . . . . . . 70
数値ル画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
TABLE
時の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
検証 の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
入力お 編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
Juniper.book Page iii Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
iv
比率計算 PROP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
係数の入力び編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
PROP
の解の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
技術情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
計算の優先順位 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
タ ッ 数の制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
演算範囲、 演算桁数、 び精度 . . . . . . . . . . . . . . 79
演算範囲お 精度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
関数計算時の入力範囲 精度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
エラー メ ッ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
エラー メ ッ への対処 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
Math Error . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
Stack ERROR . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
Syntax ERROR . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
Insufficient MEM
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
故障 に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
電源お 電池交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
電池の交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
自動電源 フ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
規定に関す注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
European Union Regulatory notices (欧州連合向け) . . . 85
Korean Notice Class B
(韓国向け B . . . . . . . . . . . 86
Perchlorate Material-special handling may apply
(米国向け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
Disposal of Waste Equipment by Users in Private
Household in the European Union
(欧州連合向け) . . . . 86
化学物質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
China RoHS
(中国向RoHS). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
Juniper.book Page iv Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
このガイ
ルは計算列が自然表示形使用
を示
ルは計算列が 表示形式使用
入力式び計算結果の表示形式
し く は、 「入力式び計算結果の表示形式の指定」
参照 く だ
表記 文字は、 押す 入力
値や演算子、 たは実行 機能
例:
など
またキーを押す、 直後に キーに表れて
機能 は別の機能が実行 の別機能はキの上
のスペースにキス で示 ます。
表記 文字の色 別機能の対応関係は以下の
とおり
この
イ ド は、 ーの別機能使 操作以下の
りに記しま
例: (sin
-1
)
sin は、 直前の操作 )に
能を示ます。際にるキーを示 いるのでは
せん。
この は、 画面上の ー項目選択す
ー操作以下の に表記
例:
Setup
Setupは数字キの操作 )に
項目 す。
キーに表記れて
文字の色
意味
を押キーを押、該当す
機能が呼び す。
オレン
を押キーを押、該当す
変数、 定数、 は記号が入
す。
䜻䞊䛻⾲グ䛥䜜䛶䛔䜛
ᶵ⬟
ᐇ㝿䛻ᐇ⾜䛥䜜䜛
ᶵ⬟
Juniper.book Page 1 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
2
カーソル キーには、方向を示す4の矢印が
ぞれ表 す。 のユーザー
ガイ
は、
キーの操作を 、お
よび
と表記します
この
イ ド に示す表示画面や図 (キ表記
文字 は説明のみ目的 、 実際の表示 は異な
場合があ す。
の内容は、 将来予告 に変更 があ
す。
: 角度の単位に指定 す。
角度の単位に 指定 す。
関数電卓の初期化
関数電卓初期化 計算モ 設定初期設定に
は、 以下の操作行いす。 の操作 、 関数電卓の
が消去 すの注意
い。
CLR All Yes
計算 設定方法に し く は、 「計算モ
ッ ト 参照 て く
し く は、 「関数電卓の の使用」 参照
してださい
安全関す注意
関数電卓使用すは、 事前に安全に関す 以下の注意事項
読み 。 必要 に参照 のガ
は手近場所保管 て く
の画面お ーは説明用表記 、 実際の
は多少異な場合があ す。
注意
の記号は、 安全に関す注意事項無視す 、 装置の損傷や
損害それがあ す。
電池
電池はお子様の手の届かい場所に保管 て く 万が
電池飲み込 た場合は、 に医療機関の診断
受け い。
したり、 したりしなださい
電池の回路シ ョ ト さ せた 、電池加熱 で く
ださい
電池入れ は、 記号 (+ が上
に入れて い。
指定 電池のみ使用 て く い。
Juniper.book Page 2 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
3
廃棄す場合
の関数電卓は焼却炉投入 破裂
がや火災の原因 れが す。
他の注意事項
初め の関数電卓使用す は、 最初に%キー
くだ
付属の電池は、 工場出荷時 お買上げの間多少消耗
場合があ す。 こ のた 属の電池は新 い電池
よりも寿短くることりま
電池の残量が非常な く 関数電卓の が破損
全に失われ 場合があ 重要情報が失
われ 関数電卓 は別情報の控
してださ
極端条件の保管や使用は避けて く
低温は関数電卓の応答速度が遅 く な 画面表示が不完
なったり、寿 なったり しま また
光の当場所や暖房器具の近 関数電卓置か
い。 高温はスの変色や変形、 は電子回路の故障の
原因に す。
湿気やほ の多い場所の保管や使用て く
子回路が故障す れが す。
関数電卓 強い力
曲げ て、 関数電卓変形 せな
い。
ッ ト 入れ 関数電卓 曲げ
するおそます
の尖 関数電卓のキ
い。
関数電卓掃除 は、 かい使用 く だ
い。関数電卓の 外す 保証が適用 く な
ます
汚れがひ場合は、 薄め中性洗使 掃除
い。 洗剤に 、 固 関数電卓
す。 賦形剤、 の他の揮発性溶剤は使用
ださい るおありま
関数電卓使用
保護ハー ケースの使
1. 関数電卓使用は、本体保護 ド さ
て取 す。
Juniper.book Page 3 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
4
2.
関数電卓使い終わ 、 本体 イ ド
。 保護 使用合は、 本体のキボー
側か イ ド 装着 す。
電源の/オフの替え
を押 電源がオンにな ます
OFF 押す 電源が
画面の の調整
SETUP CONT
ン ト 調整画面が表示
およびを使って画
面の ン ト 調整
を押 ます。
また モー
メニュ 表示 の表示中
および を使っ を調する
す。
重要 画面の ト ラ 調整 画面の見やす が変わ
い場合は、電池の残量が少 可能性があ
の場合は電池 く だ
Juniper.book Page 4 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
5
画面
の関数電卓は、 31 ドット96 ドットLCDスクリーン
されています
例:
入力式
計算結果
シンボ
重要 非常複雑計算は時間のかか計算の実行中は、 画
面に上記の ボルのみが表示 (値は表示 れない) 場合
があ ます。
表示例
STAT
D
D
シンボ
S
S
キーがれたため、 キーがシ てい
す。任意の押す ボルが消、キ
のシ 解除れます。
A
キーが押 め、 ッ ト 入力
す。 任意の押す のシ
ボルが消 アル ッ ト 入力 が終了
ます
M
独立 値が格
STO
変数 込むめに、 変数名の入力
を待ています
STO)を
示されます
RCL
変数 の値呼び出すに、 変数名の入力
を待 ています。
を押す表示されます
STAT
STAT
モーになています。
D
初期設定の角度単位が度
R
初期設定の角度単位が
G
初期設定の角度単位が す。
FIX
指定 た小数点以下の桁数が有効
す。
SCI
指定 た有効桁数が有効
Math
入力式お計算結果の表示形式に自然表示が選
択されいま

可能な計算履歴が記憶 す。
は、 前画面び次画面 デー
Disp
ト メ 計算の中間結果
示してい
Juniper.book Page 5 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
6
計算 びセ
計算
計算 指定
1 を押て、 モー メニュ
表示 す。
2 選択す 対応す数字キー す。
たとえ
STAT 選択は、 を押
関数電卓の
SETUP)を メニュー
す。 セ ッ ト
は計算び表示の方法指定
ます
メニ2の画面が 画面間は
および使 移動 す。
CONT の使い し く は、「画面の ト ラ
調整」 て く
入力式計算結果の表示形式の指定
自然表示形式、 分数、 無理数やその他の計算式が、 紙に
と同示されます
演算の種類 選択す
モー
一般的な計算
COMP
統計計算回帰計算
STAT
方程式計算
EQN
計算式か 数値作成
TABLE
真偽値
VERIF
X
値を求める
PROP
入力式おび計算結果の表示形式 押す
自然表示
MthlO
ライン
LinelO
Juniper.book Page 6 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
7
表示形式は、 分数やの他の計算式が 1行で表
ます
角度単位の初期値の指定
90° = ラジア = 100グラー
表示桁数の指定
計算結果の表示例
•Fix(小数点以下桁数固定) 指定 09)に
計算結果の小数点以下の桁数が決 す。計算結果
は、 指定 桁数四捨五入 表示 す。
例:
100 ÷ 7 = 14.286 Fix3
14.29 Fix2
•Sci(有効桁数指定) : 指定 010 表示
計算結果の有効桁数が決 す。 計算結果は、 指定
桁数 四捨五入 表示 れま
例:
1 ÷ 7 = 1.4286 10
-1
Sci5
1.429 10
-1
Sci4
Norm :選 Norm 1またNorm 2)に
算結果指数い形表示範囲が決 す。
指定 た範部分は、計算結果は指数形式表示
れます。
角度単位の初期値 押すキー
Deg
ラジアン
Rad
グラード
Gra
表示桁数 押すキー
小数点以下桁数
Fix -
有効桁数
Sci -
指数表示範囲
Norm
Norm1)ま Norm2
自然表示形式
表示形式
π
2
---
Juniper.book Page 7 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
8
Norm 1 10
-2
>, 10
10
Norm 2 10
-9
> , 10
10
例:1 ÷ 200 = 5 10
-3
Norm1
0.005 Norm2
分数の表示形式の指定
統計の表示形式の指定
STAT
モー
STAT
エデ 面に頻度
FREQ
)の
るかないかを切替え ができます
小数点の表示形式の指定
の設定内容は計算結果にのみ適用 れます。入力時は常
数点は ド ッ ト
.
)で
計算 他の設定の初期化
の操作に て、 計算 の他の設定内容が以下の
とおりに化され
CLR Setup Yes
設定 初期化 た値
計算
Comp (標準計算
入力式お 計算結果の表示形
Mthlo (自然表示)
角度の単位
Deg (度数法)
表示桁数
Norm 1 (指数表示1
分数の表示形式
d/c (仮分数表示)
統計の表示形式
OFF FREQ列を表ない
小数点
Dot (ド ト)
分数の約分
AUTO (自動)
分数の表示形式 押すキ
帯分数
a b/c
仮分数
d/c
統計の表示形式 押すキ
FREQ 列を表
STAT ON
FREQ 表示
STAT OFF
小数点の表示形式 押すキー
小数点 ド ッ ト
.)で
Disp
Dot
小数点 ,)で
Disp
Comma
x
x
x
x
Juniper.book Page 8 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
9
初期化実行 い場合は以下の操作行いす。
の代わ Cancel)を
計算式び数値の入力
標準形式 計算式入力
の関数電卓は、 紙に 同様に計算式入力
す。
押す 計算が実行 加減乗除 関数、
の優先順位は自動的判別
例:
2(5 + 4)- 2x(-3)=
一般的関数の入力
以下の一般的関数は、 開 で入力 す。 のた
め、 引数の末尾に ()) 入力
例:
sin 30 =
を押sin (が入力 す。
自然表示形式使用場合は入力手順が異 す。 詳 は、 「自
然表示形式での入力」 参照 て く い。
乗算記号の省略
以下の場合は、 乗算記号 の入力省略
開きかっ )の2(5 + 4)など
一般的関数の前 :
2 sin (30) 2 (3)など
変数名、 定数、 は乱数の前 : 20A 2πなど。
計算式末尾の
計算式末尾の1は複数の閉 は入力 キー
せん。 詳し く は、 「計算式末尾の
略」 参照 て く い。
sin(, cos(, tan(, sin
-1
(, cos
-1
(, tan
-1
(, sinh(, cosh(, tanh(, sinh
-1
(,
cosh
-1
(, tanh
-1
(, log(, ln(, e^ (, 10^ (,
(,
3
(, Abs(, Pol(, Rec(, Rnd(, GCD(, LCM(, Int(, IntG(
Juniper.book Page 9 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
10
長い計算式の表
画面に一度表示 文字数は最大15文字す。 16番目の
入力 、 計算式が左に移動 。 数式の左端
が表
れ、 画面の左に計算式が続 す。
入力式
1111 + 2222 + 3333 + 444
画面上の表示
が表示 は、 押す 画面が左に
ールし、 れて示でます。 画面を左に
ール 計算式の右端
が表示 す。 キー
押す 、 右に ール す。
入力文字数 (バ 数)
•1つの計算式最大99文字入力 す。 1 つキーを
すご
1イ ト が使われす。 2 つのキー て入力する
関数
sin
-1
の場合 使われのは1バイ
す。 なお 自然表示関数入力す場合は、 入力 た各
項目に
2イ ト 以上が使われす。 は、 「自然表示形式
の入力」 参照
通常、 入力位置 ルは、 点滅 )ま
_ の線 画面に表示 す。 計算式に入力
るバイ 数が
10バイ になる と、ーソの形に変わ
りま が表示 、 区切 の良 一度入力
終了 、 計算結果
計算式の訂正
は、入力中の計算式訂正す操作に説明 す。
正の操作は、 挿入 ド と上書 す。
挿入 上書
挿入 は、 ルの位置文字 、 表
の文字が左に移動 がで す。 初
期設定は、 入力 は挿入 す。 必要
じて きモードにでき
挿入 選択す ルは点滅縦線 ()と
表示 す。 上書 選択 ルは点滅
る横
_)と
初期設定は、 表示の入力は挿入
す。
INS 押す 、 上書 替え
とができます
Juniper.book Page 10 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
11
自然表示は、 挿入 のみ使 自然表示が選
択されいるきに
INS)を
替わ はあ せん。 し く は、 「関数内への数
値の取 込み」 参照 く だ
入力式お計算結果の表示形式 表示か自然表示
に変更す 自動的に挿入モー に替わ ます。
入力直後の文字は関数の変更
Example 369 13369 12に訂正する
文字は関数の削除
例:369 12369 12に訂正
挿入 の場合 :
上書 の場
Juniper.book Page 11 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
12
計算の訂正
例:cos(60)sin(60)に訂正す
挿入 の場合 :
上書 の場
計算式への文字の挿入
の操作は常に挿入モ 行いす。 また を使
て、 字を挿る位置にカルを移 ます
エラー
を押 にエ メッ Math ERRORSyntax
ERROR
が表示場合は、 またを押し ます
の操作 が発生 位置 ルが表示
ます
Juniper.book Page 12 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
13
例:14 ÷ 10 2 =を誤っ14 ÷ 0 2 =と入力し
以下の操作は挿入 行い
また を押 ます
ここありま
また を押て画面を消去し 式を消去する
ます
自然表示形式の入力
自然表示形式に 入力は、 教科書ど の書式分数や一部
の関数を入力おび表示で す。
重要
計算式に は、 計算式が画面の縦方向 広が 1 行に
な く 場合があ 計算式は、 縦方向
2画面分
31 ドット 2 の大 入力 す。 縦方向の
上限 それ以上入力
関数 使用 入れ子 す。 た
関数やか の入れ子 付け
す。 の場合は計算式分割 各部
個別に計算 て く
自然表示形式関数 記号
「バイ ト 数」 欄の数字は、 入力時に使われ のバ
しま
関数
/ 記号 キー操作
仮分数
9
帯分数
(
)
13
Log (a,b)
(対数)
6
Juniper.book Page 13 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
14
自然表示形式入力例
以下の操作は自然表示選択 て く い。
自然表示形式での入力時は、 ルが表示 位置
に十分注意 く だ
1 2
3
+ 1を入力
2 1+ + 3を入力する
3 (1 + )
2
2 =を入力する
10^x (常用対数)
(
)
4
e^x
(自然対数)
(
)
4
平方根
4
立方根
(
)
9
2
乗、 3
4
逆数
5
べき乗
4
べき乗
(
)
9
絶対値
4
かっ
または
1
2
2
5
---
Juniper.book Page 14 Wednesday, August 22, 2012 2:03 PM
/